つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

年俸

【横浜DeNA 2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は筒香嘉智の3億円!

2017/08/13

bats-312600_640 (1)
2016年、球団初となるクライマックス・シリーズへ進出した横浜DeNA。主催試合での観客動員数も193万9146人と球団史上最高の動員数を記録するなど、大きく飛躍の年となりました。
2017年は18年ぶりとなるリーグ優勝、日本一を狙う横浜DeNAですが、今年も全選手の契約更改が行われました。
注目選手の年俸から2016年の成績振り返りに加え、来季以降の注目ポイントについてもまとめましたので要チェックですよ!

スポンサーリンク

 

2017横浜DeNAの年俸ランキング結果一覧

早速2017年横浜DeNAの年俸ランキングを見てきましょう。投手部門と野手部門に分けてみていくことにします。
※単位は万円で、一番右端のカッコ書きとなっている数字は前年からの増減額を示しています。

投手部門

まずは投手部門です。
結果は以下の通りになります。

クライン 15000
久保 康友 10000(▼2000)
バットン 9000
ウィーランド 9000
山崎 康晃 8000(△3000)
井納 翔一 7200(△2700)
三上 朋也 6000(△3000)
石田 健大 4800(△3000)
須田 幸太 4400(△2500)
田中健二朗 4300(△2500)
林 昌範 4100(±0)
今永 昇太 4000(△2500)
加賀 繁 2800(▼100)
大原 慎司 2600(▼300)
高崎健太郎 2500(▼800)
三嶋 一輝 2300(▼200)
国吉 佑樹 2000(▼400)
砂田 毅樹 1700(△400)
小杉 陽太 1550(△350)
浜口 遥大 1500
熊原 健人 1300(△100)
藤岡 好明 1200(±0)
水野 滉也 1200
平田 真吾1000(▼300)
小林 寛 900(▼170)
福地 元春 900(▼50)
野川 拓 800(±0)
柿田 裕太 800(▼300)
進藤 拓也 750
尾仲 祐哉 720
綾部 翔 560(△10)
京山 将弥 550
飯塚 悟史 520(△10)
田村 丈 360(±0)
笠井 崇正 360
参考元:http://www.sanspo.com/baseball/professional/data/16/salary/baystars.html

年俸の大幅なアップが目立つ投手陣の中で、今季までの最高年俸だった久保康友投手は、2000万円ダウンの年俸1億円となりました。今季は5勝8敗、防御率3.55とピリッとしない投球内容で、チームの足を引っ張る形になってしまいました。今年37歳を迎え、年齢的も衰えが気になりますが、長年の経験を生かして、若いチームを引っ張って欲しいと思います。

絶対的守護神、山崎康晃投手は3000万円アップの年俸8000万円で更改。疲労からか8月に逆転を許す場面が何度かありましたが、その後持ち直し33セーブをマーク。チーム初のクライマックシリーズ進出に貢献しました。

今季時点で投手陣第3位の年俸は井納翔一投手の7200万円です。今季は7勝11敗、防御率は3.50と今ひとつの結果でした。山口俊投手がFAで巨人に移籍し、来季はエースとしての活躍が求められています。プレッシャーーをはね除けて、チームのエースとしての活躍を期待したいと思います。

スポンサーリンク

 

野手部門

続いて野手部門。
結果は以下の通りになります。

筒香 嘉智 30000(△20000)
梶谷 隆幸 9300(△1000)
石川 雄洋 6300(▼700)
倉本 寿彦 4300(△2700)
桑原 将志 4000(△2700)
荒波 翔 3300(▼700)
宮崎 敏郎 3000(△1800)
下園 辰哉 2300(±0)
後藤G武敏 2200(±0)
黒羽根利規 2000(▼600)
戸柱 恭孝 2000(△1050)
白崎 浩之 2000(±0)
山崎 憲晴 1700(▼500)
高城 俊人 1600(△300)
乙坂 智 1600(△550)
関根 大気 1600(△550)
田中 浩康 1500(▼5000)
嶺井 博希 1300(▼200)
松本啓二朗 1300(▼200)
山下 幸輝 1200(△360)
柴田 竜拓 1000(±0)
飛雄馬 900(▼150)
狩野 行寿 700
佐野 恵太 670
西森 将司 610(±0)
松尾 大河 600
百瀬 大騎 520(△10)
白根 尚貴 510(△60)
青柳 昴樹 510(△10)
細川 成也 500
網谷 圭将 360(±0)
亀井 塔生 360(±0)
山本武白志 360(±0)
参考元:http://www.sanspo.com/baseball/professional/data/16/salary/baystars.html

44本塁打、110打点で二冠王に輝いた筒香嘉智選手が2億円増の3億円で更改しました。
チームの4番として文句なしの成績を挙げるにとどまらず、主将としてチームを初のクライマックスのにシリーズに導いたことが大きく評価されたようです。

チームの中心選手に成長した梶谷隆幸選手は、1000万円アップに止まり、1億円の大台には届きませんでした。キャリアハイとなる18本塁打を記録する一方で、シーズン序盤に脇腹痛で戦列を離れてしまうなど、スタートダッシュ失敗の要因にもなりました。来季もチームの中心選手として活躍が期待され、1億円の大台、そして18年ぶりのリーグ優勝に挑みます。

野手陣で年俸第3位は石川雄洋選手。700万円減の年俸6300万円で更改しました。今季は右肘手術の影響で出遅れ、打率も209と思うような結果がでませんでした。助っ人外国人のエリアン選手や田中浩康選手の加入で、競争も激しくなっています。チームの生え抜き最年長として、若手を引っ張る活躍を期待したいと思います。

3位以降に目を向けると、今年レギュラーに定着した倉本寿彦選手と桑原将志選手が、そろって2700万円アップを勝ち取りました。すでに今年のレギュラー候補として、ラミレス監督からも名前が挙がっており、中心選手として更なる飛躍が求められます。

 

チーム最高額は筒香嘉智選手の3億円

投手部門、野手部門とあわせて、チーム最高額を勝ち取ったのは筒香嘉智選手でした。今季の成績はチーム内でもずば抜けており、誰もが納得の結果になったと思います。

実力でチームを引っ張るだけに止まらず、野球に対してストイックな姿勢で向き合う姿も頼もしく、名実ともにチームの顔になりました。
年齢も来季26歳とまだ若く、無限の可能性を秘めています。来期以降も、さらなる進化に期待したいと思います。

 

まとめ

・投手部門の上位3名は久保康友投手(1億円)、山崎康晃投手(8000万円)、井納翔一投手(7200万円)となり、FA移籍した山口俊投手に変わるエースの存在が待たれる。

・野手部門の上位3名は、筒香嘉智選手(3億円)、梶谷隆幸選手(9300万円)、石川雄洋選手(6300万円)。筒香嘉智選手の存在感が際立つ結果となった。

・チーム最高額は筒香嘉智選手の3億円。二冠王に輝き、主将としてもチーム初のクライマックスシリーズに導く活躍で、名実ともにチームの顔に。
 

関連記事

■2017年セ・リーグ球団別年俸

【広島2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はジョンソンの3.1億円!

【巨人2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は坂本勇人の3.5億円!

【横浜DeNA 2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は筒香嘉智の3億円!

【阪神2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は鳥谷敬の4億円!

【ヤクルト2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は山田哲人選手の3.5億円!

【中日2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は大島洋平の1.5億円!

■2017年パ・リーグ球団別年俸

【日本ハム2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は中田翔の2.8億円!

【ソフトバンク2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はなんと4億が4人計16億円!!

【ロッテ2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は涌井秀章選手の2.5億円!

【西武 2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はメヒアの5億円に

【楽天2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は岸孝之投手の2.25億円!

【オリックス2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は金子千尋選手の5億円!

スポンサーリンク

-年俸

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法が知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?