つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

年俸

【オリックス2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は金子千尋選手の5億円!

2017/03/18

baseball-glove-858367_640
2017年のオリックスの契約更改が全て終了しました。
2016年のオリックスは最下位という結果に終わり、悔しいシーズンとなりました。選手たちには苦しい契約更改になりました。
2017年オリックスの年俸ランキングを見ていきましょう。

今年の成績や来年への期待がよく年俸によく反映された結果となりました。新人選手や助っ人外国人選手など、来年以降の巻き返しの鍵となる選手は誰になるのでしょうか。要チェックですね!

スポンサーリンク

 

2017オリックスの年俸ランキング結果一覧

それでは早速ですが、投手部門・野手部門に分けて年俸のランキングを見ていきましょう。

※名前、年俸(単位:万円)、前年からの増減額(単位:万円)の順に並んでいます。

投手部門

まず、投手部門の年俸一覧は以下のようになりました。

金子 千尋 50000 (±0)
平野 佳寿 30000 (±0)
西  勇輝 13000 (△1000)
コーク     11500 —
岸田  護 9000 (±0)
佐藤 達也 7200 (▼1800)
ヘルメン 5700 —
ウエスト 4600 —
海田 智行 3650 (△1150)
松葉 貴大 3650 (△850)
吉田 一将 3500 (△1700)
東明 大貴 3400 (▼800)
塚原 頌平 3000 (△1300)
山崎 福也 1900 (△200)
八木 亮祐 1600 (▼400)
比嘉 幹貴 1500 (±0)
山岡 泰輔 1500 —
赤間  謙 1200 (△500)
黒木 優太 1200 —
小林 慶祐 1000 —
近藤 大亮 960 (▼240)
山田 修義 900 (▼300)
青山 大紀 900 (▼100)
高木  伴 750 (▼50)
沢田 圭佑 700 —
大山 暁史 590 (±0)
戸田  亮 540 (±0)
佐野 皓大 520 (▼50)
斎藤 綱記 500 (±0)
佐藤 世那 500 (±0)
吉田  凌 500 (±0)
鈴木  優 500 (△10)
山本 由伸 500 —
山崎颯一郎 500 —
塚田 貴之 450 (±0)
角屋 龍太 440 (▼260)
神戸 文也 250 —
榊原  翼 250 —

2013年・2014年はリーグ1位、2015年はリーグ2位と高い水準だったオリックスのチーム防御率ですが、2016年はリーグ6位と大きく落ち込んでいます。
その厳しい結果が表れ、年俸を落とす選手や現状維持の選手が多かったようです。

平野投手(3億円)はオリックスの抑えとして、リーグ2位となる31セーブと防御率1.92という記録で2016年シーズンを終えました。また、7月・8月中は無失点を記録する成績も評価され、現状維持ではありますが、3億円という結果になりました。侍JAPANにも選出されたことから、来シーズンだけでなく、WBCでの活躍も期待されますね。

西投手(1.3億円)は開幕3連敗や両リーグ最速の7敗を記録するなど、春先の調子がなかなかよくありませんでした。それでも、その後4連勝するなど、チーム唯一の2桁勝利が評価され、1000万円増という結果になりました。10勝12敗と負け越しているものの、来シーズンも先発陣の柱となってほしいという首脳陣の期待が年俸にも現れていますね。

吉田(一)投手‘(3500万円)はプロ入り3年目ながらも、チーム内2位の54試合に登板し、チーム最多の21ホールドポイントを記録しました。その成績が評価され、ほぼ倍増の3500万円となりました。今シーズンはセットアッパーとして活躍した吉田投手ですが、再び先発に挑戦することはあるのでしょうか。いずれにせよ、これからの投手陣を担っていくことが期待されますね。

野手部門

つづいて野手部門の年俸一覧は以下のようになりました。

中島 宏之 35000 (±0)
T-岡田 10000 (△3600)
ロメロ     9600 —
小谷野栄一 7000 (±0)
安達 了一 6600 (△300)
伊藤  光 4700 (▼1000)
西野 真弘 3600 (△1800)
駿  太 2500 (▼500)
吉田 正尚 2100 (△600)
川端 崇義 1760 (▼440)
縞田 拓弥 1600 (▼200)
小島 脩平 1550 (△550)
若月 健矢 1500 (△800)
小田 裕也 1500 (△200)
大城 滉二 1400 (△200)
宮崎 祐樹 1280 (▼300)
伏見 寅威 1200 (±0)
山崎 勝己 1160 (▼2240)
岩崎 恭平 1150 (▼250)
飯田 大祐 1000 —
鈴木 昂平 950 (△150)
武田 健吾 700 (△50)
宗  佑磨 600 (±0)
岡崎 大輔 600 —
杉本裕太郎 600 (±0)
奥浪  鏡 550 (△50)
園部  聡 500 (△50)
吉田 雄人 490 (▼10)
根本  薫 450 —
ジョージ 300 —
赤松 幸輔 250 (±0)
中道 勝士 250 —
坂本 一将 250 —
張  奕 250 —

中島選手(3.5億円)は故障や不調から、二軍落ちを度々経験しますが、1500本安打を記録しました。また、打率が.290まで上昇したことから、現状維持という結果になりました。34歳とベテランとも言える年齢になってきた中島選手ですが、安達選手との正遊撃手争いも期待されますね。

T−岡田選手(1億円)はシーズン序盤に故障や不調から、二軍で生活することが多くありました。しかし、夏頃からチームの4番に定着し、チームトップの20本塁打76打点を記録しました。今シーズンの評価と来シーズンの期待が年俸に表れ、1億円の大台に乗る契約更改になりました。

ロメロ選手(9600万円)は3Aで打率.304、31本塁打、85打点という成績を引っ下げ今年新加入しました。対外試合では待望の一発も出ており、T-岡田選手の4番を脅かす存在になりそうですね。

スポンサーリンク

 

最高額は金子千尋選手!

投手部門・野手部門の年俸ランキングを見てきましたが、両部門の最高年俸は金子選手の5億円になりました!

7勝9敗と負け越したものの、通算100勝や2年ぶりの規定投球回に達するなどの記録が評価された更改になりました。5億円は日本人の現役選手の最高額となっています。右肩に不安が残るものの、チームが最下位からの脱却を図るためにも、オリックスのエースとしての活躍が期待されますね。

 

まとめ

・投手部門の上位3名は、金子選手(5億円)、平野選手(3億円)、西選手(1.3億円)となった。減額の多かった更改だったが、上位3人は現状維持あるいは微増という結果になった。

・野手部門の上位3名は、中島選手(約3.5億円)、T-岡田選手(1億円)、ロメロ選手(9600万円)となり、特にT-岡田選手やロメロ選手への期待が現れた更改になった。

・投手部門・野手部門の最高額は金子選手となった。2年ぶりの規定投球回に達し、来年はエースとしてさらなる活躍が期待される。

 

関連記事

■2017年セ・リーグ球団別年俸

【広島2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はジョンソンの3.1億円!

【巨人2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は坂本勇人の3.5億円!

【横浜DeNA 2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は筒香嘉智の3億円!

【阪神2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は鳥谷敬の4億円!

【ヤクルト2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は山田哲人選手の3.5億円!

【中日2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は大島洋平の1.5億円!

■2017年パ・リーグ球団別年俸

【日本ハム2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は中田翔の2.8億円!

【ソフトバンク2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はなんと4億が4人計16億円!!

【ロッテ2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は涌井秀章選手の2.5億円!

【西武 2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はメヒアの5億円に

【楽天2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は岸孝之投手の2.25億円!

【オリックス2017】年俸ランキング結果一覧!最高額は金子千尋選手の5億円!

スポンサーリンク

-年俸

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?