つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

仕事・バイト

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

2017/04/23

baseball-1452770_640

日本の国民的なスポーツと言っても過言ではない野球ですが、多くの子供たちは幼い頃プロ野球選手を夢見ていたと思います。少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、社会人野球とどんどん競争が厳しくなり、夢をあきらめてしまう人が多くいることでしょう。
ですが、好きな野球に関わりたい、野球に関連する仕事をしたいと思っている人も多いと思います。好きなことをそのまま仕事にできるなんて本当に素晴らしいことですよね!

今回は球団職員について調べてみました。これから就職を控えている方や、就職したけど将来を考え直している方などは是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

球団職員ってどんな仕事?

球団職員という言葉はよく聞くかも知れませんが、実際どのような仕事を仕事をしているのか気になりますよね。球団によリ多少違うところはありますが、どの球団職員も大まかには同じ仕事です。

球団職員といっても普通の会社と同じなので、大まかに営業、経理に分かれます。営業と言っても外回りをすることはほとんどなく、球団で行う試合の日のイベントを考えたりすることが主な仕事です。
例えばレディースデイやキッズデイなどは女性や子供に特典のあるグッズなどを付けて、対象となるファンを多く呼び寄せることです。また、ユニフォームを配布する試合というのも最近はよく聞きます。年に数回行いファンに喜んでもらえるような企画などを考えます。また、前年などのデータをもとに今年はどのようなことをやるのかなどを考える部門が基本的には営業になります。

経理はその名の通り、会計や決算などを扱う業務ですね。

その他は、球団によりウェブ関連の業務を中心に業務を行う部署などもあります。基本的には属した球団を盛り上げていくためのサポートをしていくのが、球団職員と言っても良いでしょう。

 

年収や給料・待遇を確認!

一般的な会社と大きくは変わりません。新卒の場合の給与は部署により多少違いはありますが、26万円前後が多いようです。また、その中には残業代も(40から60時間)含まれることが多いみたいですね。年2回賞与も支給されることを考えると年収は330万から370万くらいではないかと思います。初任給としてはまずまずといったところでしょうか。

休日については、シーズン中は交代で土日なども出勤する場合があります。また、シーズンオフは比較的土日などは休めるようです。中途採用については募集を行なっていない球団もありますが、経験や能力等を考慮した上での待遇ですので、自らの経験をアピールし早い段階で成果を上げていく仕事をすることにより、給与UPも見込めることでしょう。

 

就職・転職を考えるならここから始めよう

本気で自分の将来を考え直している方がいるのであれば、行動を起こすことが大事です。一歩踏みだせない人って多いですが、一度きりの人生ですから、チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

球団職員を考える場合はまず、各球団のホームページをみてみると良いと思います。必ず採用情報がでているので、そこで新卒募集、中途募集を行なっているか確認できます。どうせなら、自分の好きな球団から調べてみるといいでしょうね。

また、野球やスポーツが好きな方は体育会系出身の人も多いかと思います。そのような方はスポナビキャリアというサイトがあるので、そちらからアクセスして探してみることもおススメします。

体育会系出身の方はスポーツで培った根性や上下関係など多くの企業も欲しているところがあります。検索する時期により、球団職員関係の求人がでていないこともありますが、スポーツ関連の求人情報は多数でているので参考にしてみるといいですよ。

体育会出身者の特別な転職【スポナビキャリア】

 

もちろん登録するだけしたら無料ですし、専任のキャリアコンサルタントがついてくれるので、一度試してみるのもいいかもしれませんよ。

 

まとめ

・球団職員はその球団を盛り上げるサポート役。自分の考えで多くのファンを引き付けることも可能!!

・給与などは他の企業と大きく変わることはありません。

・就職、転職で悩んでいる方は球団ホームページかスポナビキャリアで確認!!
 

関連記事

■球団職員特集【体育会系の方必見!】

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

球団職員の面接・筆記試験や倍率は?求人や転職・採用情報もチェック!【体育会系の方必見!】

スポンサーリンク

-仕事・バイト

こんな記事も読まれています