つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

WBC

WBC2017のルール!ホーム球場や延長・予告先発について

2017/03/19

umpire-1599593_640
2017年第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)がはじまります。今までに過去3回の大会が行われていますが、以前はアジアのチームだけで1次ラウンドを行なうこともありました。

またWBCを観戦していると、投手の投球数により次回登板までの期日をあけなければいけない、など特別な規定がありました。その詳細ははっきりわからない方も多かったのではないでしょうか。

そんなWBC2017のルールやホーム球場・延長・予告先発についてまとめてみました。
個々のルールに関する知識をもってWBCをみると少しは理解しやすい面もあるので、見方や楽しみ方も変わるかも知れませんよ!

スポンサーリンク

 

WBCとは

MLB(メジャーリーグベースボール)が1990年代後半から国際化が促進し、今まで以上に野球のマーケットを広げていくことと、それに伴う収益の拡大を目指して実施されることになりました。

簡単に言うと野球の底辺の拡大を進めていこうという考えがあります。イメージとしてはサッカーのワールドカップのようなものを野球で開催して世界でもっと野球を広げていこうという考えがあります。

 

ルールやホーム球場について

球場について

第4回WBCは予選も含め28の国と地域から出場します。本戦1次ラウンドは日本(東京)、韓国(ソウル)、アメリカ(マイアミ)、メキシコ(グアダラハラ)で行います。

各プール上位2チームが2次ラウンドへと進みます。2次ラウンドは日本(東京)、アメリカ(サンディエゴ)で開催し、同じく上位2チームがアメリカ(ロサンゼルス)で行われる決勝ラウンドへ進出します。

1次ラウンド、2次ラウンドのプレイオフについて

1次ラウンド、2次ラウンドは4チームによる総当たりです。3チームが2勝1敗もしくは1勝2敗で並んだ場合、プレイオフを実施します。プレイオフに出場するチームは以下のとおりです。

・同率となった3チームについて、別途定めた「同率チームの順位決定ルール」に従って順位を決定する。
・(a)の場合:1位チームはプレイオフを戦わず勝ち抜けとし、2・3位チームによるプレイオフを実施する。プレイオフに勝利したチームが次ラウンドへ進出する。
・(b)の場合:4位チームはプレイオフを戦わず敗退とし、2・3位チームよるプレイオフを実施する。プレイオフに勝利したチームが次ラウンドへ進出する。なお、「同率チームの順位決定ルール」は決定し次第、発表する。

(引用元)http://www.wbc2017.jp/overview/

投手に対する制限

WBCは投手に対して制限があります。

●50球以上投げた場合は、登板間隔を中4日あける。
●30級以上投げた場合は、登板間隔を中1日あける。
●球数に関わらず連騰した場合は、登板間隔を中1日あける。
●球数制限は以下のとおり
ファーストラウンド   65球
セカンドラウンド    80球
準決勝・決勝      95球

上記を踏まえた投手起用が重要なポイントになりそうですね!

DH制

全試合DH制を導入する。

コールドゲーム

ファースト・セカンドラウンドは7回10点差、5回15点差でコールドゲームとなる。

スポンサーリンク

 

延長や予告先発について

延長戦については11回からタイブレーカー方式を採用します。タイブレーカー方式とは無死1、2塁からはじめます。打者は打順通りでその前の打者が1塁ランナー、2つ前の打者が2塁ランナーではじめます。

WBCでは予告先発は行いません。対戦する各国との戦う前からの情報戦も楽しみの一つになりそうですね。

 

まとめ

・各国の投手起用が重要なポイントか!?投球数、登板間隔で投手の変え時も重要なポイント。

・全試合DH制を導入。

・ファースト・セカンドラウンドは7回10点差、5回15点差でコールドゲームとなる。

・延長戦は11回からタイブレーカー方式を採用。予告先発はなし。

・総当たりだが、油断を許さない各国の誇りを胸に戦う熱い試合を期待!!
 

関連記事

■WBCのことをもっと知りたい!

WBC歴代の視聴率ランキング!瞬間最高や名場面もご紹介

【WBC2017】侍ジャパン日本代表全メンバーの年俸・成績や背番号などプロフィールまとめ!

WBC2017決勝戦の場所と日本時間!時差や気温・気候も確認しよう

WBCのMVP歴代受賞者と記録まとめ!賞金はあるの?

小久保裕紀監督の采配や評価は?WBC2017優勝の可能性も予想した

WBC2017のルール!ホーム球場や延長・予告先発について

■注目の参加国を確認しよう!

【WBC2017】アメリカ代表の本気度をメンバー・監督から考察

【WBC2017】ドミニカ共和国のメンバーと監督は?注目選手はクルーズ選手!

イスラエル野球はなぜ強い?理由をメンバー・監督から考察【WBC2017】

【WBC2017】キューバのメンバーと監督は?注目選手はデスパイネ!

■豆知識情報

ホームランボールを観客がキャッチした場合のルールは?歴代ケースも調査

監督やコーチは何歳まで出来る?歴代最高年齢の監督やコーチも調査【プロ野球】

スポンサーリンク

-WBC

こんな記事も読まれています