つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

横浜

佐々木主浩の血液型は?成績や年俸から妻との馴れ初めまで調査

佐々木主浩さんは横浜ベイスターズ時代に日本一になった時の抑え投手でした。日本一に輝いた1998年のプロ野球界は、まさに横浜ベイスターズ一色の年でした。愛称は「ハマの大魔神」で親しまれており、終盤の9回で横浜が一点でもリードしていれば絶対的な安心感がありました。

日本一になった翌々年にはメジャーにも挑戦し、抑え投手として安定した投球を見せてくれました。今までの長いプロ野球の歴史の中でもトップクラスの抑え投手の一人が佐々木主浩さんです。

今回はそんな、佐々木主浩さんのプロフィール(血液型など)や、成績・獲得タイトルなどをまとめてみました。

また、他にも奥様との馴れ初めについてもまとめています。佐々木主浩さんを振り返るうえで参考にして頂ければと思います。

 

佐々木主浩のプロフィール

ここでは佐々木主浩さんのプロフィールを記載させて頂きます。

生年月日:1968年2月22日
ポジション:投手
出身学校:東北高校→東北福祉大学
出身チーム:横浜大洋ホエールズ(横浜ベイスターズ)→シアトル・マリナーズ→横浜ベイスターズ
監督経歴:なし
血液型:O型

東北の中心宮城県の出身で高校も強豪東北高校に進学しました。高校時代は2年の夏からエースとして活躍し3季連続の甲子園にも出場しています。しかも、3年生の春夏には甲子園でもベスト8にも進出しています。

その後も野球の名門東北福祉大学に進学し、東北福祉大学の黄金期を支えた投手でした。

当時はプロ野球の世界へ多くの選手を輩出しており、まさに野球エリートの道を歩んでいる選手だったと言えると思います。

そして、1989年のドラフトで横浜大洋ホエールズから1位指名を受けプロの道へ進んでいます。

【横浜DeNA】ドラフト1位指名の歴代選手一覧!その後の成績や活躍もチェック

 

血液型はO型なんですね。以下でプロ野球選手の血液型についても触れているので興味のある方は合わせてチェックしてみて下さいね。

プロ野球選手の血液型一覧表まとめ!一番多い比率は何型?

 

 

成績・年俸や獲得タイトルをチェック!

まず、成績や年俸を一覧にまとめてみました。

年度 登板 勝利数 敗北数 セーブ 防御率 年俸 所属チーム
1990年 16 2 4 2 5.85 600万 横浜大洋ホエールズ
1991年 58 6 9 17 2.00 980万 横浜大洋ホエールズ
1992年 53 12 6 21 2.46 2550万 横浜大洋ホエールズ
1993年 38 3 6 20 3.27 5500万 横浜ベイスターズ
1994年 31 3 1 10 2.15 6000万 横浜ベイスターズ
1995年 47 7 2 32 1.75 6900万 横浜ベイスターズ
1996年 39 4 3 25 2.90 1億4000万 横浜ベイスターズ
1997年 49 3 0 38 0.90 1億7500万 横浜ベイスターズ
1998年 51 1 1 45 0.64 3億3000万 横浜ベイスターズ
1999年 23 1 1 19 1.93 5億 横浜ベイスターズ
2000年 63 2 5 37 3.16 4億 シアトル・マリナーズ
2001年 69 0 4 45 3.24 4億7000万 シアトル・マリナーズ
2002年 61 4 5 37 2.52 5億1000万 シアトル・マリナーズ
2003年 35 1 2 10 4.05 8億1000万 シアトル・マリナーズ
2004年 25 1 2 19 3.18 6億5000万 横浜ベイスターズ
2005年 9 0 3 4 9.00 6億5000万 横浜ベイスターズ

本当に素晴しい活躍をしていたことが分かる成績の一覧ですよね。

1991年の2年目途中から抑えに起用されその実力を発揮しはじめました。特に1997年、1998年においては防御率が0点台ですから抜群の安定感があったことが感じ取れます。

今の日本球界にはこれだけの存在感がある抑えがいないのが少し寂しく思えてしまいます。

 

次は佐々木主浩さんの獲得したタイトルを記載していきます。

主な獲得タイトル

NPB
最優秀救援投手:5回(1992年、1995年~1998年)
MVP:1回(1998年)
最優秀投手:1回(1998年)
ベストナイン:1回(1998年)
月間MVP:4回(1991年7月、1997年8月、1998年6月、1998年9月)
ファイアマン賞:5回(1992年、1995年~1998年)
正力松太郎賞:1回(1998年)
最優秀バッテリー賞:1回(1998年、捕手 谷繁元信)
優秀JCB・MEP賞:1回(1998年)
JA全農Go・Go賞:1回(1992年5月)
IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞:2回(1997年、1998年)
日本プロスポーツ大賞 大賞:1回(1998年)
日本プロスポーツ大賞 殊勲賞:1回(2000年)
報知プロスポーツ大賞:1回(1998年)
毎日スポーツ人賞 ファン賞:1回(1998年)
セ・リーグ会長特別賞:1回(2005年)

MLB
新人王:1回(2000)
Toppsルーキーオールスターチーム 右投手部門:1回(2000年)
Baseball Digestルーキーオールスターチーム リリーフ部門:1回(2000年)

この様に多くのタイトルや賞を獲得しているのが分かります。

抑え投手の最大の名誉である最優秀救援投手も4年連続を含めて5回獲得しています。

そして抑え投手では中々選出されないベストナインにも1度選ばれています

やはり1998年は横浜ベイスターズのセ・リーグ制覇と日本一の立役者として大きく注目を浴びていたのだということだと思います。

それにしても抑え投手でここまで多くの賞を受賞しているのは凄いですよね。

 

妻との馴れ初めエピソード

佐々木主浩さんの妻は女優の榎本加奈子さんです。1990年代に多くのドラマなどで活躍されていました。

ですが、佐々木主浩さんはその前に一度結婚していました。ですので再婚という形になっています。佐々木主浩さんは、年齢のせいもあったと思いますが、メジャーの最後の方はあまり活躍できない状態が続きました。

帰国後も古巣横浜ベイスターズに戻りましたが、全盛期のような活躍ができない時に榎本加奈子さんと出会い、献身的に育児や家事を手伝ってくれたことがきっかけのようです。

前妻との関係も上手くいっていないことがあると思いますが、一番つらい時に榎本加奈子さんが支えになっていたということのようです。

 

まとめ

・佐々木主浩さんは東北宮城県の出身で東北高校、東北福祉大学と野球エリートの道を進み1989年の横浜大洋ホエールズから1位指名を受けプロの世界へ入りました。

・セ・リーグ優勝、日本一に輝いた1998年はまさに佐々木主浩さんの全盛期でした。多くのタイトルや賞も受賞しているのが1998年です。

・佐々木主浩さんの現在の奥様は女優の榎本加奈子さんです。佐々木主浩さんがつらい時に献身的に支えになってくれたことが結婚への道になったようです。

 

関連記事

【横浜DeNA】選手や監督・コーチの背番号一覧!歴代永久欠番も調査

【横浜DeNA】歴代監督を成績と一緒に徹底紹介!優勝回数最多は三原脩監督、権藤博監督!

ラミレス監督の成績や年俸!采配評価や奥さんの情報もまとめた

横浜スタジアムの満員時の収容人数は何人?球場の歴史はいつから?

横浜スタジアムへの交通アクセスや最寄り駅は?食事処やホテル一覧まとめ!

-横浜

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】