つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

ドラフト 中日

【中日2017ドラフト】1位鈴木博志選手の評価は?指名結果一覧と採点・感想まとめ

a0050_000110_m
2017年10月26日に「ドラフト会議」(12球団新人選択会議)が行われ、最大の注目選手だった早稲田実業の清宮幸太郎選手に7球団が1位指名で競合、外れ1位でも履正社高校の安田尚憲選手に4球団が競合するなど、見どころの多いドラフトとなりました。

その中で、中日ドラゴンズは各マスコミの予想通り、1位で広陵の中村奨成選手を指名。広島との2球団競合の末クジを外し、中村選手の交渉権は獲得なりませんでした。
外れ1位では、これも大方で予想されていたヤマハの鈴木博志投手を単独指名で、交渉権を獲得。
中日は、ドラフト指名で6位までを指名、育成では2名を指名して今年のドラフト会議を終えました。

そして先日、2017年ドラフト会議指名選手の新入団発表も行われました。新たにドラゴンズ戦士となった彼らに期待するファンも多いのではないでしょうか。
そこで、今回は2017中日におけるドラフト指名結果のまとめを感想に加え、1位指名となった鈴木博志選手の評価などと合わせておさらいしてみましょう。来年のスター選手をいち早くチェックしてみて下さいね。

 

中日ドラゴンズの補強ポイントと今回の指名結果一覧まとめ!

はじめに中日ドラゴンズの補強ポイントについて見ていくことにします。
中日は外国人選手も含め、今年の戦力外選手、自由契約選手は15 名近くにのぼっています。

支配下選手にかなり空きが出ること、また、全体的に野手の高齢化が目立っています。さらに、長年正捕手が存在していないことも問題になっています。先発投手陣の不足、またここ数年ほぼ固定されている大島、平田両外野手の後継が育っていないことなども挙げられます。

補強ポイントを挙げればきりがないですが、森監督の1位指名の狙いは早くから「バッテリー」にあったようで、スカウト陣もそれを考慮、1位指名は中村選手でしたが、惜しくもクジは外した結果となりました。次に、ヤマハの鈴木博志投手を単独で外れ1位指名し、獲得となりました。

では次に、全指名選手の結果をまとめましたのでご紹介します。

ドラフト指名選手一覧まとめ

順位 氏名 ポジション 投/打 所属 背番号
1位 鈴木博志(すずきひろし) 投手 右/右 盤田東高→ヤマハ 46
2位 石川翔(いしかわしょう) 投手 右/左 青藍泰斗高 40
3位 高松渡(たかまつわたる) 内野手 右/左 滝川二高 0
4位 清水達也(しみずたつや) 投手 右/右 花咲徳栄高 50
5位 伊藤康祐(いとうこうすけ) 外野手 右/右 中京大中京高 49
6位 山本拓実(やまもとたくみ) 投手 右/右 市西宮高 59

 

育成指名選手

順位 氏名 ポジション 投/打 所属 背番号
1位 大蔵彰人(おおくらあきと) 投手 右/右 大垣西高→愛知学院大→徳島インディゴソックス 206
2位 石田建人マルク(いしだけんとまるく) 投手 右/右 東邦高→龍谷大 209

中日の今年のドラフト指名(育成は除く)選手を見ると、外れ1位で獲得した鈴木投手以外、全てが高卒選手という例年にはない結果になりました。

即戦力型というよりは、素材型を重視した結果と言えるでしょう。これは、過去にチームの世代交代が進もうかという時のドラフトで、主に社会人重視の指名を行った結果、それが現在に繋がっていないことや、今年のウエスタンリーグでチームとしては久々の優勝争いに加わったこともあり、若手育成に切り替えていく傾向が見られるのかと思います。

2位で指名された石川投手はMAXは150キロを超えるという伸びのある直球が特徴の本格派右腕として、ドラフト前から高評価を受けていました。甲子園出場こそなかったものの今年の栃木県大会ではベスト4入りに貢献しています。

また課題であった若手野手として3位で高松渡内野手、5位で伊藤康祐外野手を指名しました。高松選手は本来のポジションはショートですが、外野もこなせるユーティリティプレイヤーです。足の速さが最大の売りの選手で、一塁到達タイム3.8秒の俊足は、現在のプロ選手でもほぼいない程です。まだ体重が60キロ台と線の細さが気になるところですが、プロに入りパワーアップして欲しいですね。

また5位指名の伊藤康祐外野手も50m5秒8という俊足が売りの、またセカンドもこなせる選手です。今年の夏の甲子園ではホームランも放っており、伊藤選手のお兄さんは現在法政大で活躍中とあって、非凡な野球センスを持つ走攻守揃った逸材と言えるでしょう。中日は外野手として育てていく方針のようですので、数少ない若手の外野手として期待がかかります。

 

中日ドラフト1位鈴木博志選手のプロフィール・特徴と評価

それでは、ドラフト1位で指名された鈴木博志投手についてご紹介したいと思います。どのようなタイプの選手なのでしょうか。

鈴木投手は静岡県掛川市出身。地元の小中学校を卒業後、盤田東高校に進学、その後社会人のヤマハに進んでいます。

鈴木投手はなんといってもMAX157キロという「豪速球」が最大の特徴ではないでしょうか。ヤマハ時代に徹底して取り組んだウエートトレーニングで、身体能力は既にプロ並の強さを誇っており、常時150キロ台の直球を投げ込み三振の取れるピッチャーと言えます。

直球以外はスライダーやカットボールなどが持ち球ですが、コントロールにはまだ不安を残す部分があるのが課題と言われています。

鈴木投手本人は指名された当初から「抑えをやりたい」と明言しています。課題の制球力を身につければ「とにかく球に力がある」と評されていることから、将来的に抑えのエースとして十分通用する逸材と言えそうです。

【中日】ドラフト1位指名の歴代選手一覧!その後の成績や活躍は?

 

中日ドラゴンズのドラフト指名採点と総評

では、中日のドラフト結果について総評と自己採点をしてみたいと思います。

中日はかつての黄金期に、将来を見越した選手の獲得や育成に失敗したことが近年の低迷を招いていると言われています。
チーム選手層のバランスを見ても、数年はかけなければペナント上位に食い込むのは難しいと思われます。

そのためには、ウィークポイントである若年層の獲得が必要であったと言えます。将来の正捕手候補として中村選手をクジで外したのは残念ですが、ドラフト指名6人のうち5人が高卒という思い切った指名をしたことは決して悪くないのではないかと思われます。

1年で即戦力という選手はいないものの、若年層を補うという点では十分といえるでしょう。各選手のポテンシャルも高いので、今後はチームの育て方次第なのではないかと思われます。
ですので、全体的には「まずまず良い」指名結果なのではというところで、ドラフト評価自体は75点を付けたいと思います。

マイナスとしては、やはり捕手が獲得出来なかったことが第一、次にはもう少し野手の底上げが育成指名でも良いので欲しかったところでしょうか。いずれにせよ、今年指名された選手達がその素質を開花させる事をファンとしては願うところでしょうね。

 

まとめ

・中日は選手層がぐっと薄くなり、特に若い野手の補強は急務といえる。

・ドラフトでは高卒捕手の中村選手を指名したが、広島と競合の末外し、地元ヤマハの鈴木博志投手を外れ1位で獲得した。力強いストレートが売りの本格派右腕として、将来的な抑えのエースとして期待がかかる。

・将来的なチーム作りに失敗した過去による現在の低迷にある中で、高卒選手を5名、ポテンシャルの高い投手や俊足の野手などの指名はチームの若年層を補ったといえる。

・中村選手を獲得できず、若い捕手の補強に至らなかった点、野手の底上げが今一つであった点などを考えると、ドラフトは75点と評価したい。

 

関連記事

【中日2017】年棒ランキング結果一覧!最高額は大島洋平の1.5億円!

【中日】歴代監督を成績と一緒に徹底解説!優勝回数最多は落合博満監督!

【中日】選手や監督・コーチの背番号一覧!歴代永久欠番も調査

ドラゴンズファンカードの年会費や特典は?【中日ファン必見情報】

【中日】ドラゴンズファンカードのメリットやデメリットまとめ

-ドラフト, 中日

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】