つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

ソフトバンク ドラフト

【ソフトバンク2017ドラフト1位】吉住晴斗選手の評価は?指名結果一覧と採点・感想まとめ

softball-724379_640

今回は2017年ソフトバンクのドラフトについて指名結果一覧や採点、感想と共に、ドラフト1位指名の吉住晴斗選手の評価やプロフィールもまとめました。

球団の育成システムも整っている球団でFAや助っ人だけでなく生え抜き選手も順調に育っていることでソフトバンクの強みが増していることを感じさせられます。

パ・リーグの常勝軍団ソフトバンクからは来シーズンも目が離せませんね。

スポンサーリンク

 

ソフトバンクの補強ポイントをおさらい

ソフトバンクの補強ポイントは一言でいうと「ありません」。と言うぐらい戦力が整っています

投手陣もベテランから若手、助っ人までそれぞれの強みを最大限に生かし活躍していますね。捕手では甲斐選手も育成枠から支配下登録されて成長してきました。

内野手も穴がありません。外野手も柳田選手、中村選手などまだまだ活躍できる年齢の選手も非常に多く、本当に穴を探すのが難しいです。

ですが、強いて言うのであれば、やはり野球は投手からというように更なる投手陣の強化を図っていきたいところでしょう。

若手選手を中心に将来性の期待値が高い選手を補強したいところだと思います。

 

2017ソフトバンクのドラフト指名結果一覧まとめ

それでは、ソフトバンクの2017年ドラフト指名結果の一覧を確認していきましょう。

順位 選手名 ポジション 出身
× 清宮幸太郎 内野手 早稲田実業高
× 安田尚憲 内野手 履正社高
× 馬場皐輔 投手 仙台大
1位 吉住晴斗 投手 鶴岡東
2位 高橋礼 投手 専修大
3位 増田珠 外野手 横浜高
4位 椎野新 投手 国士舘大
5位 田浦文丸 投手 秀岳館高

続いて育成ドラフトの一覧を紹介します。

順位 選手名 ポジション 出身
1位 尾形崇斗 投手 学法石川高
2位 周東佑京 内野手 東京農業大学北海道オホーツク
3位 砂川リチャード 内野手 沖縄尚学高
4位 大竹耕太郎 投手 早稲田大
5位 日暮矢麻人 外野手 立花学園高
6位 渡邉雄大 投手 新潟アルビレックスBC

続けて1位指名を外してしまいましたが、余裕の指名といった印象ですよね。

そしてソフトバンクは、他球団よりも多く育成ドラフトを多く指名しています。

球団の特徴で育成枠を広げ、多くの可能性が感じられる選手を獲得して自前で育てていくということを行なっていますね。

同時に3軍制度があり、多くの選手を抱えても試せる機会が多くあることも上記の複数指名に繋がっているのでしょう。

1位指名となった吉住晴斗選手のプロフィールについては、次で詳しく見ていきますね!

 

【ドラフト1位指名】吉住晴斗選手のプロフィールと評価について

氏名:吉住晴斗
生年月日:2000年3月12日
ポジション:投手
身長・体重:185cm・85kg
出身:鶴岡東高
投打:右投右打

ソフトバンクの1位指名は山形県の鶴岡東高の吉住晴斗選手でした。先ほどもご紹介したとおり、ソフトバンクはドラフト1位選手が清宮選手からはじまり、3回も他球団と指名が重なり3度抽選で外れてしまいました・・・(^'^)

ですが、吉住選手もドラフト1位で指名されただけあり、非常に将来性を感じさせる投手です。東北の地でも高校野球界の中では注目を集めていました。体格を見る通り大柄で重いストレートが武器の投手です。

鋭く曲がるスライダーも魅力的で本格派投手になる可能性を十分に秘めています。

体格や雰囲気も、現在のソフトバンク森投手のようなイメージかも知れませんね・・・。

また、プロフィールで生年月日が2000年て少し時代の流れを感じてしまいました。

ちなみに、ソフトバンクの歴代ドラフト1位指名選手は以下でまとめていますので、是非合わせてチェックしてみて下さいね。

【ソフトバンク】ドラフト1位指名の歴代選手一覧!その後の成績や活躍もチェック

スポンサーリンク

 

【ソフトバンク】ドラフト指名結果の採点や感想

2017年ソフトバンクドラフトの指名結果は他球団に比べると思うような選手獲得はできなかったと感じてしまいます。

やはり1位指名で3人続いて外れというわけだったのでそうなってしまいます。ですが、吉住選手をはじめ高校・大学の将来性を感じさせられる選手ばかりです。

3位、5位指名の高校生は甲子園出場し、共に高校日本代表にも選ばれています。

3位の増田選手は横浜高校ですが、出身は長崎県ということで九州が地元ということと、5位の田浦選手は熊本の秀岳館で同じ九州として繋がりがあります。

九州に関係性の高い将来性を感じさせられるドラフトでした。

専門家である元スカウトの得津氏の採点は以下のとおりです。

【得津氏の評価】
S=日本ハム
AAA=DeNA
AA=オリックス
A=西武、ロッテ、ヤクルト、楽天
B=阪神
C=広島
D=中日、ソフトバンク
E=巨人

引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/809494/

D評価ということでやはり低評価になってしまいましたが、外れが重なる中、1位指名の吉住晴斗選手といい上手く立て直したといった評価だったようです。

やはり3人連続でドラフト1位を外したのは少し痛かったですね。

 

まとめ

・ソフトバンク2017年のドラフト1位指名は3人連続で抽選で外れてしまいました。ですが、将来性の期待できる吉住投手を獲得しています。

・通常のドラフト(5名)より育成枠(6名)の方が多いソフトバンク。やはり育成枠を広げて可能性のある選手を長い目で見る環境を作りたいという球団の考え方がドラフトにも表れています。

・長崎出身の横浜高校の強打者だった増田選手にも注目したいところです。ソフトバンクの外野陣の層は厚いですが、右の長距離砲として活躍する姿を見たいですね。

 

関連記事

2017ドラフト会議の評価・採点まとめ!結果一覧から各球団の戦略を振り返る【プロ野球】

【ソフトバンク2017】年俸ランキング結果一覧!最高額はなんと4億が4人計16億円!!

工藤公康監督の成績や年俸は? 采配評価や気になる息子さんについても調査しよう!

【ソフトバンク】歴代監督を成績と一緒に徹底解説! 優勝回数最多は鶴岡一人監督!

スポンサーリンク

-ソフトバンク, ドラフト

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?