つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

豆知識

サブマリン投法とは?名前の由来や歴代投手をご紹介

プロ野球の投手は様々なタイプの投手がいます。一番わかりやすいのは右投、左投げの違いではないかと思います。その次に投手の腕のでてくる高さが違う点ではないでしょうか?

一番高いところから投法するオーソドックスなオーバーハンド、その次は4分の3くらいの高さから投法するスリークウォーター、その次がサイドスロー、そして最後にアンダースローと投げる際の腕のでどころで投法が変わります。最後に記載したアンダースローはこの中でも特徴的な投法であまり多くの選手はいませんでした。

ちなみにアンダースローはサブマリン投法とも飛ばれいます。今回はそんなサブマリン投法についてまとめてみました。野球を見る上で参考になる面もあると思いますので、早速確認していきましょう!!

 

サブマリン投法とは?名前の由来について

アンダースローは投手の投法で一番低いと所から腕がでてくる投法です。

アンダースローは英語ではサブマリンと言われています。その理由はリリースポイントが低い所からでてくるのでボールが下から上に浮き上がってくることからそのような名称がついたと言われています。

オーバーハンドから投げる投手の軌道とは違い打者としてはボールを捉えるのが難しくなります。

ですが、デメリットで言えば投手の生命線である肘や肩に負担がかかりすぎるために選手生命に影響があったり、投手の一つの見所である球速はあまり出すことができない点があります。

 

歴代サブマリン投手一覧まとめ

ここではサブマリン投手一覧をまとめてみました。

氏名 所属球団 プロ入り年度/ドラフト 投打
会田照夫 ヤクルト 1970年/ドラフト8位 右投右打
会田有志 巨人 2005年/ドラフト7位 右投右打
秋山登 大洋 1956年 右投右打
足立光宏 阪急 1959年 右投右打
安藤元博 東映・巨人 1962年 右投右打
上田次朗 阪神・南海 1969年/ドラフト1位 右投右打
大友工 巨人・近鉄 1949年 右投右打
小川健太郎 東映・中日 1954年 右投右打
葛西稔 阪神 1989年/ドラフト1位 右投右打
加藤正志 楽天 2014年/ドラフト6位 右投右打
金城基泰 広島・南海・巨人 1970年/ドラフト5位 右投右打
坂井勝二 大毎・大洋・日本ハム 1959年 右投右打
佐々木宏一郎 大洋・近鉄・南海 1962年 右投右打
重松通雄 阪急・大洋・金星・西日本 1936年 右投右打
杉浦忠 南海 1958年 右投右打
高橋直樹 東映・広島・西武・巨人 1967年/ドラフト3位 右投右打
武末悉昌 南海・西鉄・高橋 1949年 右投右打
武智文雄 近鉄 1950年 右投右打
近田豊年 南海・阪神 1987年/ドラフト外 両投左打
仁科時成 ロッテ 1976年/ドラフト3位 右投右打
深沢恵雄 阪神・ロッテ 1975年/ドラフト5位 右投右打
松沼博久 西武 1978年/ドラフト外 右投左打
三沢淳 中日・日本ハム 1970年/ドラフト3位 右投左打
皆川睦雄 南海 1954年 右投右打
宮本賢治 ヤクルト 1981年/ドラフト1位 右投右打
山下律夫 大洋・クラウン・南海 1966年/第二次ドラフト1位 右投右打
山田久志 阪急 1968年/ドラフト1位 右投右打
若生忠男 西鉄・巨人 1955年 右投右打
渡辺俊介 ロッテ 2000年/ドラフト4位 右投右打
渡辺秀武 巨人・日拓・大洋・ロッテ・広島 1963年 右投右打

※名前順で一覧を記載しています。

長いプロ野球の歴史の中で多くの投手はいましたが、サブマリン(アンダースロー)投手一覧を見てみるとあまり多くの投手がいないのが分かります。しかも活躍した選手というのは限られていますよね。

上の一覧は名前順で記載していますので、年代は混合していますが、会田照夫さん、会田有志さんは、親子でプロ野球選手になり共にサブマリン投法というのはまさに親の背中を見て育ったということなのかも知れませんね。

また、近田豊年さん(両投)を除いたら他の投手は全て右投の投手です。左投ではあまりメリットある投法ではないのかも知れませんね。

 

印象的なサブマリン投手をご紹介

ここでは印象的なサブマリン投手を3名ほど紹介します。

皆川睦雄

皆川睦雄さんは南海一筋で活躍した選手で、あのID野球を球界に浸透させた野村克也さんと同期入団です。入団後2年間は勝ち星に恵まれずプロの壁にあたっていました。

3年目に奮起し11勝をあげましたが、肩を痛めたことからオーバースローからアンダースローへの変更をコーチからアドバイスされました。

その投法がマッチしその翌年からは17勝、19勝と安定して2桁勝利の成績を残すようになりました。南海のエースとして活躍し通算成績は221勝139敗という素晴らしい成績を残しました。

2017年現在では日本プロ野球最後の30勝投手として名前も残している「サブマリン投法のパイオニア」です。

 

山田久志

やはりサブマリン投法と言えばまず思い浮かぶのが山田久志さんではないでしょうか?

アンダースロー投手として通算284勝という成績も残しています。また、1975年から1986年までの12年間開幕投手を務めています。

最多勝利のタイトル3回、最優秀防御率のタイトル2回、最高勝率タイトル4回も獲得しており、記録にも記憶にも残す名サブマリン投手です。

 

近田豊年

あまり名を知っている人は少ないかも知れませんが、近田豊年さんはなんと両投げの投手でした。本当に器用だと思います(^^♪

1987年にドラフト外で社会人から南海に入団しました。残念ながら一軍での登板機会は一度だけとなりました。その時は左投で投球したようです。

中々両腕の投法を一人前に確立させるのは難しいでしょうが、これから先この様な2刀流がでてきても面白いですよね(^^♪

 

まとめ

・サブマリン投法と言われる由来はリリースポイントが低いためボールが下から上に浮き上がってくることからその名称がつけられました。

・サブマリン投手で一番の勝利数を誇っているのは選手時代阪急一筋の山田久志さんで284勝です。皆川睦雄さんは日本プロ野球最後の30勝投手で「サブマリン投法のパイオニア」とも言われています。

・サブマリン投法のメリットは打者がボールを捉える点が難しいことです。デメリットと言えば肘や肩への負担が大きくなることや球速がでにくい点があげられます。

 

関連記事

ホームランボールを観客がキャッチした場合のルールは?歴代ケースも調査

監督やコーチは何歳まで出来る?歴代最高年齢の監督やコーチも調査【プロ野球】

-豆知識

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】