つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

タイトル・賞・記録

最多出場試合記録の歴代ランキング!ちなみにメジャーは?


今回は、野球選手として長年活躍し続けた功労者の証、出場試合記録についてまとめてみました!歴代最多試合出場記録のランキング、最多出場記録保持者についていろいろまとめています。

メジャーリーグの最多出場記録についても同等にまとめていますので確認してみましょう。

 

最多出場試合記録の歴代ランキングは?

それではまず、日本のプロ野球の最多出場試合記録のランキングのベスト5を表にしてまとめてみました。

順位 選手名 試合数 実働期間
1 谷繁 元信 3021 1989-2015年
2 野村 克也 3017 1954-1980年
3 王 貞治 2831 1959-1980年
4 張本 勲 2752 1959-1981年
5 衣笠 祥雄 2677 1965-1987年

ランキング入りしている選手はどの選手も一度は聞いたことのあるような野球ファンにはお馴染みの選手が並んでいますね。王選手、張本選手などは出場試合記録だけではなく、打撃部門においても偉大な功績を残した選手でもあります。

王貞治監督の名言!尊敬され続ける天才打者の努力論やリーダー論とは?

張本勲の血液型は?伝説的な成績やあっぱれ発言にも迫る!

 

そしてランキングの1,2位にランクインしている谷繁選手、野村選手は3000試合出場を達成しており、更に両選手とも捕手として出場しての記録となっているのです。とてもハードなポジションである捕手で3000試合を超える出場をした両選手が、いかに強い体だったのかが伺える記録ですね。

野村克也監督の名言!苦労人の努力やリーダー論など人生哲学に迫る

 

最多出場試合記録の記録保持者は谷繁元信選手!

最多出場記録の記録保持者は横浜、中日で捕手として活躍した谷繁元信選手でした!

広島県出身の谷繁選手は中日ドラゴンズの正捕手!というイメージが強いですが、実は入団当時のチームは横浜大洋ホエールズなのです。横浜にドラフト1位で入団し、2001年までは横浜でキャッチャーとして活躍していました。

【横浜DeNA】ドラフト1位指名の歴代選手一覧!その後の成績や活躍もチェック

 

そして2001年のオフにFA宣言し、中日ドラゴンズへ移籍し、捕手としてチームをリーグ優勝を導くなどの功績を残しました。

ゴールデングラブ賞を6回、最優秀バッテリー賞も4回達成しており、まさに球界を代表する捕手の1人として活躍した選手でしたね!

 

気になるメジャー記録は?

それでは、続いてメジャーリーグの最多出場試合記録を見てみましょう。メジャーではどんな功労者が存在するのでしょうか?

最多出場試合記録の歴代ランキングは?

順位 選手名 試合数
1 ピート・ローズ 3562試合
2 C・ヤストレムスキー 3308試合
3 ハンク・アーロン 3298試合
4 R・ヘンダーソン 3081試合
5 タイ・カッブ 3035試合

こちらのランキングも日本と同様、歴代のレジェンドメジャーリーガーたちが名を連ねましたね!

メジャーのシーズンの試合数が日本よりも多いため、出場試合数が日本の選手よりも軒並み多くなっています

ランクインしている選手のように3000試合以上継続して出続けるには良いコンディションで試合に出場し続けるための体のケア、強さが必要なのは間違いありません。

その中でも、ただ1人だけ3500試合以上に出場した選手がメジャー最多出場試合数のトップであり、最多出場記録の世界記録保持者です。

最多出場試合記録の世界記録はピート・ローズ選手!

最多出場試合の世界記録保持者は1960~80年代に活躍したピート・ローズ選手でした!

ピート・ローズ選手はスイッチヒッターで、ボールを真芯で捕らえるミート力に長け、現役期間長年に渡って安打を量産しました。現役通算24年と長い期間チームの主力として活躍し続けることによって、この功労者の証である3562試合出場という世界記録を達成したのです。

この出場試合記録だけではなく、通算安打数、通算打数、通算打席数、通算出塁数もメジャー単独トップです。現役の間、バットでどれだけ貢献し続けていたかが伺える記録ですね。

日本の出場試合記録が少しでもメジャーの記録に追いつけるように、チームの主力として長い期間活躍するような選手が現れることを願いたいですね。

 

まとめ

・日本のプロ野球の最多出場試合記録のランキングには、野球ファンなら一度は聞いたことのあるような歴代の名選手がランクインしている。

・日本の最多出場試合記録のトップは谷繁元信選手の3021試合であり、横浜、中日で長い間活躍し続けた名捕手である。

・メジャーの最多出場試合記録のランキングにも、メジャーの歴代名選手がランクインしており、日本よりも試合数が多いためランクインしている選手の試合数も日本より多い。

・最多出場試合記録の世界記録保持者はピート・ローズ選手の3562試合であり、スイッチヒッターとして現役通算24年間、巧打者として活躍し続けた選手である。

 

関連記事

歴代ホームラン記録ランキング!最多本塁打や世界記録も確認【プロ野球】

完全試合とノーヒットノーランの歴代達成者は?両者の意味や違いもチェック!【プロ野球】

連続試合出場記録の歴代ランキング!世界記録もチェックしよう

200勝の歴代達成者まとめ!最速と最年少は誰でいつ?【プロ野球】

プロ野球の歴代最多勝利数!シーズン最高記録を持つのはいつのどの球団?

-タイトル・賞・記録

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】