つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

タイトル・賞・記録

最多勝利数の歴代記録ランキング!世界記録(メジャー記録)もチェックしてみた【プロ野球】

2017/08/18

ball-1393066_640
今回は投手にとって偉大な記録。最多勝利数の歴代記録についてご紹介していきます。

一体どんな選手が最多勝を達成しているのでしょうか?シーズン及び歴代通算の最多勝利数はもちろん、世界記録(メジャー記録)についても記していますので、同時に確認してみてくださいね。

今では想像できないほどの、とてつもない記録が目白押しです。

スポンサーリンク

 

歴代シーズン最多勝利数ランキング!

それではまず、プロ野球シーズン内における最多勝利数ランキングのベスト5までを表にしましたので、見てみましょう。

順位 投手 所属チーム 勝利数 達成年度 登板数
1 スタルヒン 巨人 42 1939年 68
1 稲尾和久 西鉄 42 1961年 78
3 野口二郎 大洋 40 1942年 66
4 真田重男 松竹 39 1950年 61
5 須田博 巨人 38 1940年 55
5 杉浦忠 南海 38 1959年 69

ランキングを見ると、現代では考えられないほどの勝利数を重ねた選手たちがランクインしていますね。

近年では先発投手が間隔を空けて登板し、シーズンで20勝できれば沢村賞を達成できるほどの記録として讃えられますが、ランクインしている選手はその倍以上の勝利数を記録している選手も存在します。

これは、今と昔では登板数の違いがあり、昔はエースピッチャーが先発登板した翌日に中継ぎで登板するなどもあり、連投も当たり前の時代でした。そのため、勝ち星を挙げる機会も今より更に多く存在し、現代では考えられないほどの勝利数を重ねることができたわけです。

しかしその代償として、昔は連投で無理をして選手生命が短命に終わってしまう選手も存在しました。今の時代では、この最多勝利数を塗り替えることはほぼ困難ですが、無理をさせずに、きっちり間隔を空けて起用することで、短命に終わる選手が減り、長い間チームに貢献できるというメリットも生まれました。

選手個人のためにも、昔のように無理をさせない起用法が選手のためにもなる、というわけですね。

 

歴代通算最多勝利数ランキング

続いて、歴代通算での最多勝利数のランキングをベスト5まで表にしましたので確認してみましょう。

順位 投手 勝利数 実働期間 登板
1 金田正一 400 (1950-1969) 944
2 米田哲也 350 (1956-1977) 949
3 小山正明 320 (1953-1973) 856
4 鈴木啓示 317 (1966-1985) 703
5 別所毅彦 310 (1942-1960) 662

こちらも、ほぼ50年以上昔の選手たちがランクインしていますね。最近の選手になりますと、13位にランクインしている工藤公康選手(現ソフトバンクホークス監督)が1982年から2010年の間に達成した224勝が最多となっています。

通算の勝利数も200勝を達成できれば、日本プロ野球の殿堂入りになれるほどの功績として称えられますが、1位の金田正一選手はその2倍にあたる400勝を達成しており、とてつもない記録であることが伺えます。

更に、ランクインしている選手は実働が全員18年以上と長く、上記にも記したように昔の登板間隔でこれほどの期間活躍し続けたのですから、いかに昔の選手たちが丈夫で、鉄腕揃いだったのかが伝わってきますね。

スポンサーリンク

 

世界記録(メジャー記録)もチェックしよう

続きまして、世界に目を向けてみましょう。一体どんな選手がランクインされているのでしょうか?

歴代シーズン最多勝利数の世界記録はグレイズのC・ラドボーン選手!

順位 選手 所属チーム 勝利数 達成年度
1 C・ラドボーン グレイズ 59勝  1884年
2  J・クラークソン ホワイトストッキングス 53勝  1885年
3  G・ヘッカー エクリプス 52勝  1884年
4 J・クラークソン ビーンイーターズ 49勝  1889年
5 C・ラドボーン グレイズ 48勝  1883年
5  C・バフィントン ビーンイーターズ 48勝  1884年

ランキングを見ますと、日本のプロ野球より更に古い100年以上大昔の記録となっています。

1位のC・ラドボーン選手は5位にもランクインしており、先発で3日続けて投げていたという記録も残っています。今では考えられない起用の仕方ですね(笑)それを当たり前にこなしていたラドボーン選手は、さぞタフな選手だったのでしょうね。

続いて歴代の通算最多勝利数について、こちらも日本と同じように表にしてまとめてみました。こちらも、一昔前の選手たちがランクインしているのでしょうか?

歴代通算最多勝利数の世界記録はスパイダーズなどに所属した、サイ・ヤング選手!

順位 選手名 実働期間 通算勝利数
1  サイ・ヤング 1890~1911年 511勝
2  ウォルター・ジョンソン 1907~1935年 417勝
3  G・アレキサンダー 1911~1930年 373勝
3  クリスティ-・マシュ-ソン 1900~1916年 373勝
5  ウォーレン・スパーン 1942~1965年 363勝

こちらのランキングもシーズン最多勝までとはいきませんが、比較的昔の選手がランクインしていますね。

8位にはグレッグ・マダックス選手の355勝、9位にはロジャー・クレメンス選手の354勝がランクインしており、この両選手は最近の記録となっており、メジャーリーグのレジェンドとしても有名ですよね。

そして1位のサイ・ヤング選手の通算勝利数は、他の選手よりもズバ抜けており、【サイヤング賞】という名目で、メジャーリーグの賞の一つとしても引用されています。これは、通算勝利や通算投球回など数々のメジャー記録を保持している大投手として、1955年に亡くなったサイ・ヤング選手の名誉を称えて1956年に制定されたのです。自分の名前がメジャーリーグの賞の名前になるほど、名誉なことはありませんよね。

 

いかがでしたでしょうか?比較的古い時代の選手たちが、ランクインしている記録というのがわかったわけですが、果たしてこの記録を塗り替える選手は現れるのでしょうか?

今の起用法ですと、シーズン最多勝を塗り替えることは難しいかもしれませんが、昔より息の長い選手が増えた現代ならば、歴代最多勝を塗り替える選手ならば現れるかもしれませんね。ただやはりとてつもない記録ばかりなので、正直厳しい印象もありますが、長い目で期待しましょう。

 

まとめ

・日本のシーズン最多勝ランキングの記録は、50年以上前の記録となっており、昔の時代は先発の翌日に中継ぎ登板するなど、勝ち星を増やす機会が今よりも多かった。

・日本の歴代最多勝の1位は金田正一選手で、400勝と途方もない記録であり、ランキング入りしている選手は18年以上実働しており、鉄腕揃いである。

・シーズン最多勝の世界記録はC・ラドボーン選手の59勝であり、先発で3連投もこなしていたタフな選手である。

・歴代最多勝の世界記録は、サイ・ヤング選手の511勝であり、メジャーリーグの賞になるほど偉大な功績を収めた選手である。

 

関連記事

歴代最多奪三振数ランキング!世界記録も調査した【プロ野球】

2000本安打の歴代達成者まとめ!最速と最年少は誰でいつ?【プロ野球】

歴代ホームラン記録ランキング!最多本塁打や世界記録も確認【プロ野球】

完全試合とノーヒットノーランの歴代達成者は?両者の意味や違いもチェック!【プロ野球】

連続試合出場記録の歴代ランキング!世界記録もチェックしよう

スポンサーリンク

-タイトル・賞・記録

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?