つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

その他大学野球

東洋大学野球部出身の歴代プロ野球選手まとめ!有名選手の出身高校も確認

東洋大学は2018年春東都大学野球リーグ戦にて3季連続の優勝を飾りました。レベルの高いと言われる東都大学にて近年は常に良い成績を残している大学の強豪野球部です。東都大学のリーグ戦の中で19回の優勝回数も誇っています。

その創部は1924年(大正13年)です。東都リーグには1940年に加盟しています。約20年後の1962年に初めて1部に昇格し、1960年代後半には常に1部に残るようになっています。プロ野球の世界へ飛び込んでいる選手も多く、さすが強豪大学の野球部といった印象があります。

今回はそんな、東都大学の強豪東洋大学からプロへ行った選手などを一覧にまとめてみました。大学野球を見る上で参考にして頂ければと思います。

 

東洋大学出身のプロ野球選手まとめ

ここでは東洋大学からプロへ進んだ選手を一覧でまとめてみました。

ドラフト年 選手名 入団チーム名 ポジション 出身高校
1963年 宮寺勝利 巨人 捕手 日体荏原高校
1969年 上垣内誠 広島 内野手・外野手 広島商業高校
1969年 前田康介 ロッテ 投手 松山北高校
1970年 会田照夫 ヤクルト 投手 上尾高校
1971年 玉井信博 巨人 投手 松山商業高校
1982年 市村則紀 中日 投手 石下高校
松沼博久 西武 投手 取手第二高校
1978年 落合博満 ロッテ 内野手 秋田工業高校
小嶋正宣 阪急 投手 鴻巣高校
1977年 達川光男 広島 捕手 広島商業高校
松沼雅之 西武 投手 取手第二高校
1984年 佐藤秀明 阪神 投手 秋田市立高校
1984年 大野久 阪神 外野手 取手第二高校
1983年 仁村徹 中日 内野手 上尾高校
1983年 近藤章仁 近鉄 投手 桐蔭学園高校
1986年 森浩之 南海 捕手 PL学園高校
1987年 小美濃武芳 中日 投手 東亜学園高校
1987年 山下徳人 ロッテ 内野手・外野手 箕島高校
1991年 桧山進次郎 阪神 内野手・外野手 平安高校
1991年 徳田吉成 日本ハム 捕手 上尾高校
1992年 和田孝志 ロッテ 投手 拓殖大学紅陵高校
1995年 関口伊織 横浜 投手 大宮工業高校
1996年 塩崎真 オリックス 内野手 熊本工業高校
1995年 清水隆行 巨人 外野手 浦和学院高校
1997年 川中基嗣 巨人 内野手・外野手 東山高校
1996年 今岡誠 阪神 内野手 PL学園高校
2001年 田中充 ロッテ 投手 浦和学院高校
1998年 福原忍 阪神 投手 広陵高校
2002年 久保田智 ヤクルト 外野手 浦和学院高校
2000年 辻田摂 中日 内野手 PL学園高校
1999年 前田忠節 近鉄 内野手 PL学園高校
2002年 三浦貴 巨人 投手・内野手・外野手 浦和学院高校
2003年 小川将俊 中日 捕手 浦和学院高校
2003年 岩舘学 巨人 内野手 成田高校
2004年 大廣翔治 楽天 内野手・外野手 桐生第一高校
2006年 上野貴久 巨人 投手 帝京高校
2006年 永井怜 楽天 投手 東京農業大学第二高校
2006年 田中大輔 中日 捕手 如水館高校
2007年 大場翔太 ソフトバンク 投手 八千代松陰高校
2009年 清田育宏 ロッテ 外野手 柏高校
2008年 上野大樹 ロッテ 投手 帝京高校
2008年 大野奨太 日本ハム 捕手 岐阜総合高校
2011年 小島脩平 オリックス 内野手・外野手 桐生第一高校
2010年 林﨑遼 西武 内野手 東洋大姫路高校
2010年 乾真大 日本ハム 投手 東洋大姫路高校
2011年 藤岡貴裕 ロッテ 投手 桐生第一高校
2011年 鈴木大地 ロッテ 内野手 桐蔭学園高校
2014年 小田裕也 オリックス 外野手 九州学院高校
2012年 緒方凌介 阪神 外野手 PL学園高校
2014年 土肥寛昌 ヤクルト 投手 埼玉栄高校
2016年 坂本一将 オリックス 内野手 浦和学院高校
2015年 原樹理 ヤクルト 投手 東洋大姫路高校

このように、長い歴史がある東洋大学ですが、プロへ進んだ選手の一覧を見てみると1980年代からは毎年誰かしらが、プロへ入っている印象がありますよね。

それだけ野球部としてもレベルが高いことが分かります。特に2000年代以降は同じ年に数人進んでいるケースも見受けられますね。

また、1978年にプロへ入団したのはあの三冠王も獲得している落合博満さんです。

落合博満さんはあまり、大学野球のイメージはありませんが、東洋大学に所属していました。実は大学は中退しており、社会人からプロ野球へ進んでいます。

 

プロ入りした有名選手のプロフィールをチェック

ここではプロ入りした有名選手を3名記載していきます。

落合博満(ロッテ)

生年月日:1953年12月9日
出身:秋田県
ポジション/投打:内野手/右投右打
経歴:秋田工業高校→東洋大学(中退)→東芝府中→ロッテ→中日→巨人→日本ハム

プロ野球の世界では記録にも記憶にも印象があるのが落合博満さんです。落合さんは東洋大学の出身ですが、大学に入学後、体育会系のノリについていけないこととケガなどが重なり、半年で野球部を辞めて大学も中退しています。

そして地元秋田に戻り、プロボウラーを目指すなどプロ野球選手としてはあまりない経歴を持っています。1974年に転機があり、高校時代の恩師から落合の才能を惜しみ東芝府中への入社を進めました。

それから社会人に入り元々持っていた才能をより開花させ、1978年ドラフト3位でロッテに指名されプロへ進んでいます。その後の活躍は言うまでもありませんが、選手、指導者としても球界に大きな影響を与えてきた功労者と言えるでしょう。

落合博満の凄さが分かる名言・語録集!天才の練習方法やリーダーシップ論にも迫る

 

今岡誠(阪神)

生年月日:1974年9月11日
出身:兵庫県
ポジション/投打:内野手/右投右打
経歴:PL学園高校→東洋大学→阪神→ロッテ

高校は大阪の強豪PL学園高校でプレーしていました。卒業後は東洋大学に進学し、べストナインにも2回選出されています。

アトランタオリンピックでは福留孝介氏、井口忠仁氏を含めて3人の遊撃手が選出されて、実際には井口がショート、福留がサードが、今岡がセカンドを主に守りアトランタオリンピックにも出場しています。

その後プロへ進み、現役時代は長い間阪神タイガースでプレーしていました。巧みな打撃が魅力で好打の選手と言った印象があります。現在は引退し指導者としてロッテの2軍監督を務めています。

 

清水隆行(巨人)

生年月日:1973年10月23日
出身:東京都
ポジション/投打:外野手/右投左打
経歴:浦和学院高校→東洋大学→巨人→西武

清水隆行さんと言えば巨人時代では攻撃的な2番打者を長く務めたイメージがある野球ファンの多いと思います。

今でこそ、攻撃的な打線を組む場合に2番に長打力もあるような打者を置く場合はよく見かけますが、清水さんが現役時代はあまり見ない光景でした。当時の監督は巨人の終身名誉監督である長嶋茂雄さんでしたのでこの時代に新たに新時代の野球を見せていてくれたのかも知れませんね。

清水さんはとにかく打撃が素晴らしい選手と言った印象が強いですよね。

 

東洋大学野球部の豆知識エピソード

東洋大学は東都大学リーグでも常に強い戦力を誇っています。ちなみに、全日本大学野球選手権大会でも優勝は4回を誇っています。

しかも2010年、2011年は連覇をしている程です。このように全国でも勝てるチームに仕上がっています。

また、2018年春は3季連続で東都大学リーグを制覇するなど好調を維持しています。強豪ひしめく東都大学リーグの中で頭が一つ抜け出ているようになっています。

 

まとめ

・東洋大学野球部は東都大学リーグに所属している大学野球部です。近年では大学選手権で2年連続優勝するなど安定した強さを見せています。

・多くのプロ野球選手も輩出しています。三冠王も獲得した落合博満さんも東洋大学に入学していましたが、中退して社会人を経てプロ野球の道へ進んでいます。

・東都大学リーグはレベルの高い大学の野球リーグとしても有名です。その中でも東洋大学が頭一つ抜き出ているような形になっています。

-その他大学野球

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】