つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

動画配信サービス

千葉ロッテマリーンズ戦を無料でライブ視聴する方法は?見逃し配信をチェックできるサービスも徹底解説!

2020/01/04

かつてはゴールデンタイムに地上波でプロ野球中継が放送されていましたが、視聴率の低迷や各地上波放送局の方針により、BSやCSといったコンテンツに移行され、プロ野球を視聴する環境が変化しています。

加えて多種多様な動画配信サービスが普及し、プロ野球中継もインターネットを介して複数の媒体でいつでもどこでも視聴できる環境が整ってきています。

そこで今回は、千葉ロッテマリーンズ戦のライブ中継を視聴できる動画配信サービスをいくつかご紹介するとともに、無料で視聴する方法についてもご紹介していきます。

結論から申し上げると無料で視聴するならば、「DAZN」がその中でも最もおすすめできるコンテンツです。

↓↓↓↓↓

DAZN

仕事やどうしても外せない用事で、リアルタイムで視聴できなくても試合を後から視聴できる「見逃し配信サービス」についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

目次

無料で視聴出来るサービスの基本は地上波放送。ただ放送は非常に限定的

地上波でのプロ野球中継は激減しほとんど放送されていませんが、千葉ロッテマリーンズの主催試合は千葉のローカル局である千葉テレビで中継されることがあります。

しかし、ビジターゲームの中継はされないことに加え、千葉テレビの視聴可能エリアは東京都や神奈川県、埼玉県など千葉近郊に限られているため、全ての地域で全ての試合を視聴することはできません。

いまや千葉ロッテマリーンズ戦を全て視聴するためにはネット配信が欠かせない存在になっています。

 

千葉ロッテマリーンズ戦(パリーグ全試合)を無料で視聴するなら、「DAZN」「RakutenTV」の二択!

まずは、千葉ロッテマリーンズ戦のライブ放送が視聴できる動画配信サービスを確認しましょう。

千葉ロッテマリーンズ戦の中継を視聴できる動画配信サービスまとめ!

DAZN(ダゾーン) RakutenTV パ・リーグLIVE パリーグTV スカパー!プロ野球セット
無料期間 1ヶ月 31日間 最大6か月(条件有) なし なし
月額料金 980円 690円 462円
(Yahoo!プレミアム)
加入が適用条件
950円 3,685円
(docomo利用者) (月額プラン) (各球団ファンクラブ会員)
1,750円 5,500円 1,450円
(docomo利用者以外) (年額プラン) (通常料金)
視聴可能な試合(主催試合視聴可:〇、視聴不可:×) 〇巨人 ×巨人 ×巨人 ×巨人 〇巨人
〇DeNA ×DeNA ×DeNA ×DeNA 〇DeNA
〇阪神 ×阪神 ×阪神 ×阪神 〇阪神
×広島 ×広島 ×広島 ×広島 〇広島
〇中日 ×中日 ×中日 ×中日 〇中日
×ヤクルト ×ヤクルト ×ヤクルト ×ヤクルト 〇ヤクルト
〇西武 〇西武 〇西武 〇西武 〇西武
〇ソフトバンク 〇ソフトバンク 〇ソフトバンク 〇ソフトバンク 〇ソフトバンク
〇楽天 〇楽天 〇楽天 〇楽天 〇楽天
〇ロッテ 〇ロッテ 〇ロッテ 〇ロッテ 〇ロッテ
〇日本ハム 〇日本ハム 〇日本ハム 〇日本ハム 〇日本ハム
〇オリックス 〇オリックス 〇オリックス 〇オリックス 〇オリックス
視聴可能な機器 〇PC 〇PC ×PC 〇PC 〇PC
〇スマホ 〇スマホ 〇スマホ 〇スマホ 〇スマホ
〇タブレット 〇タブレット 〇タブレット 〇タブレット 〇タブレット
〇TV 〇TV ×TV △TV 〇TV
見逃し配信 あり あり あり あり 一部あり
その他の特徴 野球以外のスポーツも観戦可能 オフシーズン限定番組を多数配信 野球漫画・雑誌が読み放題
西武の二軍戦も視聴可能
交流戦のみ巨人と阪神の主催試合も視聴可能 プロ野球の全球団全試合視聴可能
公式サイト DAZN RakutenTV パ・リーグLIVE パリーグTV スカパー!プロ野球セット

 

交流戦を含めて全ての千葉ロッテマリーンズ戦を視聴したい方は「スカパー!プロ野球セット!」

上記5つのサービスの中で「スカパー!プロ野球セット」だけが、ビジターを含めた全ての千葉ロッテマリーンズ戦の視聴ができます。

ビジターの試合も観戦したいという方はプロ野球セットの契約をおすすめします。

↓↓↓↓↓

スカパー!プロ野球セット

 

無料で千葉ロッテマリーンズ戦(パリーグ全試合)を視聴したい方は「DAZN」「RakutenTV」のいずれかを選択!

「スカパー!プロ野球セット」は、千葉ロッテマリーンズ戦をホームもビジターも視聴でき、全てのプロ野球の試合を中継している放送網とサービスの充実度から、月額料金が他のサービスと比べると高額です。また、無料期間の設定がありません。

1か月の無料期間が設定されている「DAZN」か、31日間の無料期間が設定されている「RakutenTV」のどちらかが、無料での視聴を希望する場合にはおすすめとなります。「パ・リーグLIVE」は通常では無料期間が設定されておらず、最大6か月無料には様々な条件があります。

交流戦のセリーグ主催試合も視聴したい方は「DAZN」を、パリーグだけで十分という方は「RakutenTV」がおすすめです。

「DAZN」と「RakutenTV」のサービスをより詳しく見ていきましょう。

 

「DAZN」ならパリーグの主催試合以外にもセリーグ主催試合(交流戦)の視聴も可能!

【メリット】

●無料期間が1か月間設定されている

●docomo利用者は980円で利用できる

●広島とヤクルト以外の主催試合を全て視聴できる

●見逃し配信に対応している

●長年正捕手を務めた里崎智也さんが解説を務めることもある

●ロッテの年間視聴パスが販売されており、1か月分お得になる

●Jリーグやバスケットなど野球以外のスポーツ配信のラインナップが豊富

 

【デメリット】

●広島とヤクルトの主催試合が視聴できない

1か月もある無料期間終了後は月額980円(docomo利用者)で、広島とヤクルトを除く10球団の主催試合の視聴が可能です。

千葉ロッテマリーンズの年間視聴パスが19,250円で販売されており、通常の年間視聴料の21,000円から1か月分(1,750円)お得になります。

交流戦期間中はセリーグ主催の交流戦が3球団×3試合行われます。「DAZN」では広島とヤクルトの主催試合の年でなければ9試合の千葉ロッテマリーンズ戦が視聴可能です。

↓↓↓↓↓

DAZN

 

「RakutenTV」ならパリーグの主催試合以外にもパリーグ関連番組の視聴も可能!

【メリット】

●無料期間が31日間設定されている

●年額プランでは月割すると458円/月で利用できる

●パリーグ主催試合を全て視聴できる

●見逃し配信に対応している

●オフシーズンでも楽しめるよう、パリーグ関連番組のラインナップが豊富

●楽天ポイントが貯まる

 

【デメリット】

●セリーグの主催試合が視聴できない

無料期間終了後は月額690円で利用できる「RakutenTV」では、オフシーズンの間も多数のパリーグ関連のオリジナル番組を配信しています。

パリーグ球団のファン感謝祭やパリーグを舞台に活躍した引退選手の特集、パリーグOBによるシーズン名シーンBEST5の解説番組などパリーグ好きにはたまらない番組が揃っています。

千葉ロッテマリーンズ関連では球団OBの里崎智也さんが出演する番組が配信されています。

↓↓↓↓↓

RakutenTV

 

見逃し配信があるのは「DAZN」「RakutenTV」「パ・リーグLIVE」「パリーグTV」「スカパー!プロ野球セット!」の5択!無料で見逃しなら「DAZN」がオススメ!

これまでご紹介したサービスは見逃し配信を行っています。ここではそれぞれの特徴を確認していきます。

改めて各サービスを比較してみましょう。

DAZN(ダゾーン) RakutenTV パ・リーグLIVE パリーグTV スカパー!プロ野球セット
無料期間 1ヶ月 31日間 最大6か月(条件有) なし なし
月額料金 980円 690円 462円
(Yahoo!プレミアム)
加入が適用条件
950円 3,685円
(docomo利用者) (月額プラン) (各球団ファンクラブ会員)
1,750円 5,500円 1,450円
(docomo利用者以外) (年額プラン) (通常料金)
視聴可能な試合(主催試合視聴可:〇、視聴不可:×) 〇巨人 ×巨人 ×巨人 ×巨人 〇巨人
〇DeNA ×DeNA ×DeNA ×DeNA 〇DeNA
〇阪神 ×阪神 ×阪神 ×阪神 〇阪神
×広島 ×広島 ×広島 ×広島 〇広島
〇中日 ×中日 ×中日 ×中日 〇中日
×ヤクルト ×ヤクルト ×ヤクルト ×ヤクルト 〇ヤクルト
〇西武 〇西武 〇西武 〇西武 〇西武
〇ソフトバンク 〇ソフトバンク 〇ソフトバンク 〇ソフトバンク 〇ソフトバンク
〇楽天 〇楽天 〇楽天 〇楽天 〇楽天
〇ロッテ 〇ロッテ 〇ロッテ 〇ロッテ 〇ロッテ
〇日本ハム 〇日本ハム 〇日本ハム 〇日本ハム 〇日本ハム
〇オリックス 〇オリックス 〇オリックス 〇オリックス 〇オリックス
視聴可能な機器 〇PC 〇PC ×PC 〇PC 〇PC
〇スマホ 〇スマホ 〇スマホ 〇スマホ 〇スマホ
〇タブレット 〇タブレット 〇タブレット 〇タブレット 〇タブレット
〇TV 〇TV ×TV △TV 〇TV
見逃し配信 あり あり あり あり 一部あり
その他の特徴 野球以外のスポーツも観戦可能 オフシーズン限定番組を多数配信 野球漫画・雑誌が読み放題
西武の二軍戦も視聴可能
交流戦のみ巨人と阪神の主催試合も視聴可能 プロ野球の全球団全試合視聴可能
公式サイト DAZN RakutenTV パ・リーグLIVE パリーグTV スカパー!プロ野球セット

「DAZN」の見逃し配信の特徴は?

【メリット】

●PC・スマホ・タブレット・テレビで視聴可能

●1試合丸ごと視聴可能

●試合の途中からでも、追っかけ再生ができる

 

【デメリット】

●広島とヤクルトの主催試合が視聴できず、10球団のみの視聴

●通信速度が遅いと画質が悪くなる

パリーグ球団の主催試合は全て見逃し配信されるため、見逃しても安心です。試合開始後に遅れて視聴する場合は追っかけ再生することもできます。

↓↓↓↓↓

DAZN

 

「RakutenTV」の見逃し配信の特徴は?

【メリット】

●PC・スマホ・タブレット・テレビで視聴可能

●ライブ配信終了後、約30分後から視聴できる

●パリーグ球団主催試合は全て配信

●1年前の試合も視聴可能

●スロー再生で気になったプレーをじっくり視聴できる

●イニング毎に再生可能

 

【デメリット】

●セリーグ球団主催試合は視聴できない

●通信環境により画質が悪くなる

パリーグ球団主催試合はライブ配信終了後、約30分後から視聴が可能になります。前年シーズンの試合の視聴も可能で、印象に残っているシーンをいつでも見返すことができます。

また、表示されるスコアボードをクリックすると、イニング毎に再生することができます。

↓↓↓↓↓

RakutenTV

 

「パ・リーグLIVE」の見逃し配信の特徴は?

【メリット】

●スマホ・タブレット視聴可能

●ライブ配信終了翌日より1週間視聴可能

●パリーグ球団主催試合は全て配信

●Yahoo!プレミアム加入が条件であるため、特典を受けられる

 

【デメリット】

●パソコン・テレビで視聴できない

●セリーグ球団主催試合は視聴できない

●通信環境により画質が悪くなる

●Yahoo!プレミアムに加入する必要がある

「RakutenTV」と同じく、パリーグ球団主催試合のみの配信です。また、スマホ・タブレットのみの視聴になり、Yahoo!プレミアムへの加入が視聴条件です。

↓↓↓↓↓

パ・リーグLIVE

 

「パリーグTV」の見逃し配信の特徴は?

【メリット】

●パソコン・スマホ・タブレットで視聴可能

●パリーグ球団主催試合は全て配信

●交流戦は巨人・阪神の主催試合も視聴できる

●2012年以降のパリーグ球団主催試合の視聴が可能

●千葉ロッテマリーンズ主催試合は日テレNEWS24と同じ中継映像を使用

 

【デメリット】

●セリーグ球団主催試合は視聴できない(交流戦の巨人・阪神を除く)

●無料期間の設定がない

●各球団のファンクラブに入っていないと月額料金が割高

交流戦期間中は巨人・阪神の主催試合が視聴可能になり、最大8球団の主催試合が視聴できます。また、2012年以降のパリーグ球団主催試合を配信しているため、過去の熱戦を振り返ることができます。

千葉ロッテマリーンズについては、新入団選手発表会の中継も行っています。

↓↓↓↓↓

パリーグTV

 

スカパーの見逃し配信の特徴は?

【メリット】

●PC・スマホ・タブレットで視聴可能

●ライブ配信なら千葉ロッテマリーンズ戦をホーム・ビジターどちらも視聴可能

●主催試合の解説を有藤通世さんや黒木知宏さんなど球団OBが務める

 

【デメリット】

●現状見逃し配信は広島主催試合など一部に限られる

●月額料金が高い

ライブ配信では全球団の主催試合が視聴できる唯一のサービスですが、見逃し配信となると一部の試合に限られてしまいます。

また、サービスの充実度に比例して月額料金が高く、経済的な負担が大きくなります。

↓↓↓↓↓

スカパー!プロ野球セット

 

【交流戦対策】巨人戦の主催試合は「hulu」でも無料視聴が可能!

「hulu」では2017年以降、巨人主催試合の配信を行っています。2週間の無料期間が設けられており、巨人主催の千葉ロッテマリーンズ戦の開催年にタイミングを合わせることができれば無料視聴が可能になります。

巨人戦以外にも日本テレビ系のドラマやアニメ、バラエティ番組の配信を行っており、いろいろな楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 

 

【交流戦対策】横浜DeNAベイスターズの主催試合は「ニコニコプロ野球チャンネル」でも無料視聴が可能!

「ニコニコプロ野球チャンネル」ではベイスターズの主催試合が視聴できます。ニコニコ動画のアカウント登録を行うことで可能になり、視聴中にコメントを書き込むことで他のユーザーと配球や判定について議論を交わすことができます。

しかし、有料会員の視聴機会が優先されるため、視聴者数が増加すると無料会員は視聴を中断される可能性があります。

 

【交流戦対策】ヤクルトスワローズの主催試合は「FOD」でも無料視聴が可能!

ヤクルトスワローズの主催試合を全て配信している「FOD」。

1か月の無料期間が設定されており、「hulu」と同様に交流戦期間中に加入し、タイミングを合わせれば無料でヤクルト主催の千葉ロッテマリーンズ戦の視聴が可能です。

フジテレビ系列のドラマやバラエティ番組の視聴も可能なため、野球中継以外の時間もご家族で楽しめるのではないでしょうか。

↓↓↓↓↓

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

海外で配信されているストリーミング系サイトは違法行為が多く視聴はNG!

「プロ野球」「無料」といった形で検索すると、海外のストリーミング配信サービスが出てきます。

これらは違法行為であることがほとんどです。

もしそのサービスが違法であれば、知らないうちに違法行為を行っている業者にお金が流れます。

また、ウイルスを仕込んでいるケースも少なくなく、リスクを取り除くのは難しいでしょう。

無料だからといって、安易によく分からないサイトには手を出さないのが無難ですね。

 

同じ無料であれば、リスクなく安心に視聴できるDAZNなどを選択することをオススメします。

↓↓↓↓↓

DAZN

 

YouTubeでも無料で視聴できることもあるが違法で危険!

世界最大の動画共有サービスの「YouTube」。検索窓に「マリーンズ 試合 中継」などと入力して検索すると、試合配信の動画がヒットすることがあります。しかしこれまでご紹介した通り、「YouTube」でプロ野球の試合配信は現時点では行われていません。

これらの動画は誰かが違法な配信を行っていることになり、この行為は著作権侵害にあたります。違法動画をめぐっては昨今逮捕者も出ており、視聴している側も思わぬトラブルに巻き込まれることも想定されます。

ご紹介したように無料期間を設けている配信サービスがあるため、安心安全にプロ野球を視聴するためにこれらのサービスを利用して違法配信の視聴は避けることをおすすめします。

中でも「DAZN」は無料期間が長く、多くのプロ野球の試合を網羅しているサービスなのでおすすめです。

↓↓↓↓↓

DAZN

 

千葉ロッテマリーンズ戦を視聴するにあたってのワンポイントアドバイス

これまでいくつか千葉ロッテマリーンズ戦の視聴方法をご紹介してきましたが、もう一つおすすめしたい視聴方法があります。それは「日テレNEWS24」です。

スカパーへの加入が前提条件ですが、加入初月は基本料金が無料で、2か月目以降は390円の基本料金と「日テレNEWS24」のチャンネル料金の480円の計870円で千葉ロッテマリーンズの主催試合が全試合視聴できます。

オフシーズンの関連番組も充実しており、ファン感謝デーを生中継するほか、引退選手の特集やホームゲームの全ホームラン集などシーズンを振り返る番組も用意されています。

マリーンズファンの方はシーズンオフも当チャンネルで楽しみ、翌シーズンに向けて気持ちを高めることができるのではないでしょうか。

↓↓↓↓↓

スカパー!

 

まとめ(結論)

全試合見たい人向け!

金額は5つのサービスで最も高いですが、千葉ロッテマリーンズ戦をホーム・ビジター問わず視聴したい方は「スカパー!プロ野球セット」の加入がおすすめです。

↓↓↓↓↓

スカパー!プロ野球セット

 

コスパ重視かつ交流戦も見たい!

千葉ロッテマリーンズ戦を数多く視聴し、無料期間を活用できる視聴方法はマリーンズを含めた10球団の主催試合を配信する「DAZN」がおすすめです。

↓↓↓↓↓

DAZN

 

パリーグだけでいい!

パリーグ主催試合の視聴ができれば良いという方は、無料期間が31日間設定されていて、期間終了後も690円と安価な「RakutenTV」への加入がおすすめです。

↓↓↓↓↓

RakutenTV

 

見逃し配信は「DAZN」「RakutenTV」「パリーグTV」のパフォーマンスが高く、2012年以降の試合の配信を行っている「パリーグTV」は、マリーンズが優勝した年の名場面やチームを支えた引退選手のラストプレーなどを振り返ることができます。

 

見逃し配信はケースバイケースも、トータルで考えると「DAZN」の無料期間で試してみることがオススメ!

セリーグ球団主催の交流戦まで視聴するのか、それともパリーグ球団主催試合の視聴だけでいいのか、それぞれのニーズに合わせて「DAZN」か「RakutenTV」のどちらかを選んで視聴することが効率良く、そして経済的な負担が少なく千葉ロッテマリーンズ戦を楽しめる視聴方法ではないでしょうか。

あなたに合った視聴方法を選定し、千葉ロッテマリーンズ戦の観戦ライフが充実したものになることを願っています。

↓↓まずは無料で始めるならDAZNが断然オススメ!↓↓

DAZN

スポンサーリンク

-動画配信サービス

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送を携帯視聴するには?スマホでネット中継を無料で楽しもう

パリーグの放送中継をネット視聴する方法は?スマホで見る方法も!

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球が上手くなりたい!指導者としてのスキルを向上させたい!

草野球で打てない場合の練習方法!素振りから打ち方まで基礎を習得しよう【上手くなりたい人必見】

草野球のコントロール強化のためのトレーニング方法!ノーコン卒業で上手くなりたい人へ

前田幸長の少年野球教室での実績が凄い!子供への指導方法とは?