つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

西武

【西武】ドラフト1位指名の歴代選手一覧まとめ!その後の成績や活躍は?

2017/08/13

fist-295159_640
ドラフト会議はプロ野球手の登竜門であり野球関係者、ファン共に大注目の会議です。毎年様々なドラマが繰り広げられメディアでも大きく話題になっています。

ドラフト会議で1位指名をうけ入団することは、全国の野球選手を夢見る人たちの憧れでもあります。

今回は華々しくドラフト1位でプロ選手入りをした西武ライオンズの歴代選手についてお伝えしいきます。

スポンサーリンク

 

西武ドラフト1位の歴代選手一覧

それでは早速選手一覧をみていきましょう。

年度 選手名 ポジション 出身校 背番号 獲得タイトル等
1965 浜村孝 遊撃手 高知私立高知商業高校 16
1966 岡村佳典 投手 鳥取県立浜田高等学校 74
1966 荒武康博 一塁手 報徳学園高等学校 80
1967 河原明 投手 大分県大分商業高等学校 18 現 大分ソーリンズ野球倶楽部のヘッドコーチ
1968 東尾修 投手 和歌山県立箕島高等学校 21 1975、1983年最多勝  1983年最多勝防御率 1983、1985年ベストナイン  1983〜1987年ゴールデングラブ賞
1969 泉沢彰 投手 盛岡鉄道管理局 19
1970 高橋二三男 外野手 新日鐵住金広畑 1
1971 吉田好伸 投手 西鉄最後のドラフト1位
1972 中島弘美 投手 八代第1高等学校 37
1973 山村善典 内野手 大鉄高等学校 33
1974 田村忠義 投手
1975 古賀正明 投手 法政大学 24
1976 立花義家 外野手 柳川商業高等学校 34
1977 江川卓 投手 法政大学 1980.1981年最多勝  1981年最優秀防御率  など
1978 森繁和 投手 駒澤大学 11 1983年最優秀救援投手
1979 鴻野淳基 内野手 名古屋電気高等学校 7
1980 石毛宏典 遊撃手 プリンスホテル 7 1981年新人王  ベストナイン8回 ゴールデングラブ賞10回 など
1981 伊東勤 捕手 熊本県立熊本工業高等学校 27 ベストナイン10回 ゴールデングラブ賞11回 最優秀バッテリー賞6回など 現千葉ロッテマリーンズ監督
1982 野口裕美 投手 鳥取県立米子東高等学校 14
1983 渡辺久信 投手 群馬建立前橋工業高等学校 41 1986年最多勝、最多奪三振
1984 大久保博元 捕手 茨城県立水戸商業高等学校 46 1987年ジュニアオールスターゲームMVP
1985 清原和博 一塁手 PL学園高等学校 3 1986年新人王 1990、1992年最高出塁率 3度のベストナインと5度のゴールデングラブ賞
1986 森山良二 投手 ONOフーズ 31 1988年新人王
1987 鈴木健 内野手 浦和学院高等学校 8 1997年最高出塁率、ベストナイン
1988 渡辺智男 投手 NTT四国 21 1991年最多防御率
1989 塩崎哲也 投手 松下電器 16 1990年優秀新人賞 1993年日本シリーズ優秀選手 現西武ライオンズ二軍監督
1990 長見賢司 投手 兵庫県立伊丹西高等学校 15
1991 竹下潤 投手 駒澤大学 28 1994年イースタン・リーグでノーヒット・ノーラン
1992 杉山賢人 投手 東芝 29 1993年新人王
1993 石井貫 投手 三菱重工横浜 14
1994 富岡久貴 投手 東京ガス 33
1995 高木大成 捕手 慶應義塾大学 10 1997、1998年ゴールデングラブ賞
1996 玉野宏昌 内野手 神戸弘陵高等学校 3 巨人時代に清原選手の背番号3を引き継いだ
1997 安藤正則 投手 専修大学 11
1998 松坂大輔 投手 横浜高等学校 18
1999 高山久 内野手 九州学院高等学校 1 1999~2001最多勝利投手 1999~2001年、2003~2006年ゴールデングラブ賞 など
2000 大沼幸二 投手 プリンスホテル 25
2001 細川亨 捕手 青森大学 47 2008、2011年ベストナイン賞、ゴールデングラブ賞
2002 後藤武敏 内野手 法政大学 6 2005年二軍優秀選手賞
2003 山崎敏 投手 平成国際大学 17
2004 涌井秀章 投手 横浜高等学校 16 2007、2009、2015年最多勝利投手 2009年沢村賞 2009、2010、2015、2016ゴールデングラブ賞
2005 炭谷銀仁朗 捕手 平安高等学校 37 2012、2015年ゴールデングラブ賞 2015年ベストナイン賞
2006 木村文紀 投手 埼玉栄高等学校 41 2012年外野手転向
2006(大、社) 岸孝之 投手 東北学院大学 11 2008年日本シリーズMVP,2014年最高出塁率
2007(大、社) 平野将光 投手 平成国際大学 19
2008 中崎雄太 投手 日南学園高等学校 21 2016年自由契約
2009 菊池雄星 投手 花巻東高等学校 17 2013年ノーヒット、ノーラン 2016、2017年開幕投手
2010 大石達也 投手 早稲田大学 15
2011 十亀剣 投手 日本大学 21 2013年プロ初完封勝利
2011(育成) 藤澤亨明 捕手 上田西高等学校 122
2012 増田達至 投手 柳学園高等学校 14 2015年最優秀中継ぎ賞
2012(育成) 水口大地 内野手 長崎県立大村工業高等学校 123 2015年支配下登録
2013 森友哉 捕手 大阪桐蔭高等学校 10 2015年オールスターゲーム凱旋賞、ホームラン賞
2014 高橋光成 投手 前橋育英高等学校 17 2015年8月月間MVP
2014(育成) 戸川大輔 外野手 北海高等学校 122 2016年支配下登録
2015 多和田真三郎 投手 富士大学 18
2016 今井達也 投手 作新学院高等学校 11

こうしてみてみると現西武ライオンズSDの渡辺久信さん、メジャーリーガーの松坂大輔さんなどそうそうたるメンバーが名を連ねています。一方で現在チームの中心で活躍している中村選手や浅村選手はドラフト1位ではないんですね。

ドラフト1位で入団する事は確かに華々しいですしその選手に実力があるということですが、だからと言ってその後も活躍し続けられるとは限りません。

下位指名の選手であってもプロに入るほどの実力を持っているのでその後の活躍は努力、運によって大きく変わってきます。あのイチロー選手も今となっては信じられませんがドラフト4位ですしね。

 

注目選手のその後

続いて近年のドラフト1位の注目選手をご紹介しむす。

菊池雄星選手

生年月日:1991年6月17日
出身:岩手県
身長/体重:184㎝/100Kg
ポジション/投打:投手/左投左打
経歴:花巻東高等学校-西武ライオンズ

西武ライオンズのエース菊池雄星選手!

高校生で154キロをマークし岩手県勢41年ぶりの甲子園ベスト8進出に大きく貢献した菊池選手。メジャーリーグからも注目される有名選手でした。メジャー挑戦も考えた中でまずは日本で認められたいという思いから、西武ライオンズに入団します。

華々しくプロ入りした菊池選手でしたがその後エースとなるまでには8年間の苦労の道のりがありました。プロ入り後なかなか結果が残せない中、2013年に前半だけで9勝を挙げる活躍をしましたが後半は失速。翌年は先発ローテは務めるも成績は悪く、2015年には9勝をマークしようやく二桁勝利目前のところで途絶え、さらに10敗も喫してしまいます。「期待外れ」「彼はもう覚醒しないだろう」とまで言われてしまいました。

しかし菊池選手はここで終わりません!

2016年12勝を挙げ自身初の二桁勝利を達成します。そして2017年にはエースとして開幕当初を務めるまでになりました。岸投手が移籍した今、西武ライオンズを引っ張っていく存在になった菊池選手。ここまで長い時間かかりましたが、まさにドラフト1位の期待に答える活躍をしています。メジャーリーグ挑戦の噂もある彼の今後の活躍に期待ですね。

炭谷銀仁朗選手

生年月日:1987年7月19日
出身:京都府
身長/体重:178㎝/76Kg
ポジション/捕手:三塁手/右投右打
経歴:平安高等学校-西武ライオンズ

西武ライオンズの正捕手であり、侍ジャパンメンバーにも選ばれた炭谷選手はまさにドラフト1位で成功した選手です。

高校生の頃、強肩、強打として注目されていました。その実力は全国高等学校野球選手権京都大会で満塁でも敬遠されるほどです。

2005年のドラフト会議で1位入団!高卒ルーキーの捕手が50年ぶりとの事で大きな期待をされての入団で開幕スタメン入りをします。そしてその期待に応えるようにプロ初打席初ヒットを記録しました。

その後も捕手として活躍をし2012年西武ライオンズの正捕手に定着します。盗塁防止率トップの炭谷選手の守備は本当にすごいですよね。またライオンズ愛も強く2016選手会長も務めチームを引っ張っていく存在になりました。

最近は課題の打撃にも力を入れて練習しているようですし、若手も出ているもののまだまだ炭谷選手の実力が圧倒的です。今後の活躍に期待できそうですね。

森友哉選手

生年月日:1995年8月8日
出身:大阪府
身長/体重:170㎝/80Kg
ポジション/投打:捕手/右投左打
経歴:大阪桐蔭高等学校-西武ライオンズ

甲子園スターの森友哉選手。

高校1年生の頃から正捕手を務めていました。2年生の時の藤浪選手とのバッテリーが話題になりましたよね。3年生の時には主将も務め甲子園出場を果たし、そのバッティングセンスで打てる捕手として大注目されました。

ドラフト1位で西武入団後はDHとして一軍の試合に出場し活躍しました。3試合連続ホームランを記録したこともあります。そしてDHに専念していた森選手は今、次期正捕手になるべく練習を積んでいます。プロ野球界では数少ない打撃力抜群の正捕手が、近い将来見られると思うと本当に楽しみですよね。

大石達也選手

生年月日:1988年10月10日
出身:福岡県
身長/体重:185㎝/90Kg
ポジション/投打:投手/右投左打
経歴:福岡大学付属大濠高等学校-早稲田大学-西武ライオンズ

2010年、日本ハムの斉藤選手とともにドラフトの目玉とも言われ6球団で競合があった中、西武ライオンズに入団した大石選手。

大学時代に150キロの球を投げていた大石選手には大きな期待がかかっていました。しかし彼は入団したその年から右肩痛に苦しめられます。痛みをかばっているためか大学時代のような素晴らしいホームは見られず先発、中継ぎはおろか二軍メンバーとして活動することも多いです。

そんな大石選手ですが、リハビリを重ね現在では140キロでも打てないストレートを投げれるようになっています。伸び悩んでいる大石選手ですがこのストレートを武器に一軍で活躍してくれることを期待します。

以上、見てきたように西武ライオンズのドラフト1位の選手は、その期待通りの活躍してくれる選手が多く、西武はドラフトが上手いとも言われています。

スポンサーリンク

 

西武ドラフト会議の豆知識エピソード

KKドラフト事件

1985年のドラフト会議の出来事で今も語り継がれる事件です。

西武に1位で入団した清原選手は実は大の巨人ファンであり、尊敬する王監督のもと巨人で野球をすることが夢でした。巨人からも野手で1番だと言われ清原選手本人もメディアも誰もが巨人の1位指名は清原選手と予想していました。

しかしドラフト会議で巨人は早稲田大学進学を公言していた同じPL学園出身の桑田真澄選手を1位指名したのです。そして桑田選手は大学進学ではなくプロへの道を選びました。結果として清原選手は6球団から1位指名を受け西武に入団することになったのです。この時の清原選手の悲しそうな悔しそうな様子は見ていて辛くなるほどでした。

実はこれは巨人が始めから仕組んでいて清原選手をミスリードに使い、桑田選手を取る予定だったとも言われています。もし本当にそうであれば夢みる選手の想いを踏みにじる、駆け引きといっても少しやりすぎなのではと感じさせる大事件です。

 

まとめ

・歴代ドラフト1位選手は投手が多い。

・西武ライオンズは他球団と比べると、ドラフト1位で入団した選手位が成功していることが多い。

・1985年のドラフト会議でのKK事件はいまでも語り継がれる衝撃的な事件である。

スポンサーリンク

-西武

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?