つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

ドラフト

ドラフト会議2017の日程や放送時間は?司会者や見どころについても【プロ野球】

baseball-field-1563858_640 (1)
今年のプロ野球も佳境に入り、セリーグは広島、パリーグはソフトバンクの優勝が決まりました。今後クライマックスシリーズが行われるわけですが、クライマックスファイナルシリーズの直後、日本シリーズの直前に毎年行われるのがおなじみのドラフト会議です。

今年もまた、プロ志望の学生や社会人の選手にとっては胸がドキドキする時期、また将来活躍する選手に期待する季節と言えますね。

今回はドラフト会議の日程や放送時間に加えて、司会者や見どころについて一気にご紹介したいと思います。テレビ放映予定やそもそもの「ドラフト」の意味にも触れたいと思いますので是非チェックしてみてくださいね。未来のスター誕生を見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

「ドラフト」の意味や制度について

ドラフトという言葉は直訳すると、「下書き」、「原案」という意味があります。その他にも「すきま風」なんていう意味があったりします。ドラフト会議というと獲得したい選手を指名する会議なのですが、英語にするとちょっと意味が違うのですね。

そこで語源を調べてみると「引く」という意味があるようです。

要は「下書きを書く⇒線を引く」、「原案を書く⇒線を引く」と下書き、原案という意味も「引く」という語源から派生しているという訳ですね。そして「引く」という語源から「選手を選抜をする」という意味にも派生しており、まさにドラフト会議はこれにあたります。語源を調べてみるのも結構面白いものですね。

意味が分かったところで、続いて制度についてですが、日本のドラフト会議の本当の名称は、「新人選手選択会議」と言います。

開催する主催は日本プロ野球機構です。アマチュアの選手を新人として獲得するのは、基本的にこのドラフト会議だけということになります。(例外としてシーズン途中から独立リーグの選手と契約するケースは稀にあります。)

詳しいドラフト会議のルールや仕組みについては、以下でも詳しく解説していますので、合わせてチェックしてみて下さいね。

ドラフト会議のルールや仕組み!ウェーバー制と逆ウェーバー方式って何?

 

2017年ドラフト会議の日程や会場は?テレビ放映もチェック!

では、続いて今年のドラフト会議の日程やその他の情報を見ていきましょう。

日時:2017年10月26日(木)17:00~
場所:グランドプリンスホテル新高輪
司会:関野浩之(フリーアナウンサー)

テレビ中継は、地上波ではTBSCS放送ではスカイ・Aで放映予定となっています。
TBSの方では放映時間の関係上、1巡目指名までしか見れなさそうですが、スカイ・Aでは毎年最後まで放映されています。

また、ネット配信も予定されています。
TBSライブサイトでは、当日のドラフト中継の模様をネットで配信予定です。

司会者は関野浩之アナウンサーですね。ナレーター業もやられているフリーアナウンサーの方です。

2009年以降のドラフト会議の司会を務めており、すっかりお馴染みになりましたね。ちなみに2013年にはAKBのドラフト会議の読み上げも担当されているそうで、まさに「ドラフト」といえば、関野アナウンサーという地位を確立している印象もある方になります。

スポンサーリンク

 

2017年ドラフト会議の見どころは?

今年のドラフト会議の見どころは、なんといっても高校生に大型の逸材が多いことです。

大学生・社会人の野手がやや不作なことを考えると、注目は高校生や大学生・社会人の投手に絞られてくるでしょう。中でも遂にプロ入りの意思を明確にした清宮幸太郎選手(早稲田実業)は最大の目玉となりそうです。12球団指名もあるか!などといった報道もされていますね。

清宮幸太郎の身長体重!ホームラン量産の恵まれた体は父親から?

 

他、甲子園で通算本塁打の記録を更新した中村奨成選手(広陵)、甲子園決勝で快投を演じた清水達也投手(花咲徳栄)、プロで左腕最も注目と言われる田浦文丸投手(秀岳館)などの甲子園組の行方が気になります。

(その他の選手もチェック↓)

2017ドラフト候補の注目選手まとめ!1位指名もある目玉は誰?【高校生編】

 

大学、社会人では今赤丸急上昇で評価を上げているのが東大の宮台康平投手、中央大の鍬原拓也投手、立命館大の東克樹投手などが注目されています。

(その他の選手もチェック↓)

2017ドラフト候補の注目選手まとめ!1位指名もある目玉は誰?【大学生編】

 

これらの選手はおそらく上位指名で消えるのではないでしょうか?

また、近年ドラフト会議はファンの方々も楽しめるように観覧者を募集して、その場でドラフト会議の緊張感を味わうことも出来るようになりました。段々華やかさが増してきたのも見ていて楽しくなるひとつだと思います。

 

まとめ

・2017年のドラフト会議は2017年10月26日(木)。テレビ中継もされる。

・ドラフトの語源は「引く」。そこから派生して「選手を選抜する」という意味に。

・司会者は毎年お馴染みの関野浩之フリーアナウンサー。

・見どころはなんといっても高校生に大型の逸材が多いこと!未来のスター誕生を見逃すな!

 

関連記事

2017ドラフト候補の注目選手まとめ!1位指名もある目玉は誰?【社会人編】

【巨人】2017ドラフト候補と指名予想!注目選手を補強ポイントからチェック

【広島】2017ドラフト候補と指名予想!注目選手を補強ポイントからチェック

スポンサーリンク

-ドラフト

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?