つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

日本シリーズ・CS

クライマックスシリーズの歴代優勝チーム一覧!歴史はいつから始まった?

2017/10/15

baseball-441358_640今回はクライマックスシリーズの歴代優勝チームについて、その歴史と共に振り返っていきましょう。

プロ野球は夏場を過ぎるとその年のリーグ優勝、マジック点灯が話題になります。そしてその後に待っているのはクライマックスシリーズです。ペナントレース上位3位までに入ることにより、日本シリーズ出場権を争う言わばペナントレースのセカンドステージですね。

歴代優勝チームやその歴史などを確認することで、楽しみ方も変わってくると思いますよ。

スポンサーリンク

 

クライマックスシリーズはいつから始まった?

クライマックスシリーズがいつからはじまったのか、意外と思い出せない人も多いかも知れません。それだけすっかり定着した制度と言えるのでしょうね。

最初は2004年から2006年までパリーグだけで行なわれました。この間は「プレーオフ」という名称で行なわれ、興行的にも大きな成功をおさめました。また、ファンにとっても大変盛り上がるイベントに定着しつつありました。

その後、2006年にセリーグでも導入が検討されることになり、翌年の2007年からセリーグでも導入が決まったのです。当時は「ポストシーズン」という名称でしたが、ネーミングを一般公募し「クライマックスシリーズ」という名称に決まりました。

今ではすっかり定着した「クライマックスシリーズ」ですが、ネーミングをはじめ色々と変遷があって今に至るんですね。

 

歴代優勝チーム一覧まとめ

続いて、これまでの歴代優勝チームについて確認していきましょう。セリーグ、パリーグとそれぞれ確認していけたらと思います。

セリーグ編

年度 優勝チーム リーグ順位 日本シリーズ結果
2007年 中日 2位 日本一
2008年 巨人 1位 敗退
2009年 巨人 1位 日本一
2010年 中日 1位 敗退
2011年 中日 1位 敗退
2012年 巨人 1位 日本一
2013年 巨人 1位 敗退
2014年 阪神 2位 敗退
2015年 ヤクルト 1位 敗退
2016年 広島 1位 敗退

10回のクライマックスシリーズが行なわれ、リーグ1位のチームが8回勝ち上っています。

やはり、ファイナル(セカンド)ステージでのアドバンテージの1勝が大きいことと、1位チームがホーム球場で行なえるという点が大きいのだと思います。

スポンサーリンク

 

パリーグ編

年度 優勝チーム リーグ順位 日本シリーズ結果
2007年 日本ハム 1位 敗退
2008年 西武 1位 日本一
2009年 日本ハム 1位 敗退
2010年 ロッテ 3位 日本一
2011年 ソフトバンク 1位 日本一
2012年 日本ハム 1位 敗退
2013年 楽天 1位 日本一
2014年 ソフトバンク 1位 日本一
2015年 ソフトバンク 1位 日本一
2016年 日本ハム 1位 日本一

パリーグもセリーグ同様に圧倒的に1位チームが有利になっています。

1位になったことで自信もあることもあるでしょうが、ルール上有利になっていることも大きいと思います。

アドバンテージなどについては以下で詳しくご紹介しているので、合わせて是非チェックしてみて下さいね。

クライマックスシリーズのルールの全て!アドバンテージから延長・予告先発まで分かりやすく整理【プロ野球】

 

ただ、2010年だけは3位のロッテが勝ち上がり「史上最大の下克上」を成し遂げた年として記憶にも残っている人が多いと思います。シーズン3位で日本一ですからこれは劇的ですよね。

こういった可能性があるのもクライマックスシリーズの醍醐味でしょう。

2017年もどんなドラマが生まれるのか楽しみですよね。そんなクライマックスシリーズの名場面を見逃さないために視聴方法を最後にご紹介しますね。ズバリ「スポナビライブ」がオススメです。

広島、巨人の主催試合以外は全て視聴することが出来るので、セリーグのファイナルステージ以外は全て視聴することが可能です。しか1ヶ月間は無料でサービスを使うことが出来るので、スマホからも気軽に視聴出来ますし、クライマックスシリーズから試してみるのも賢い選択だと思いますよ!

スポナビライブ

まとめ

・クライマックスシリーズは2007年からセパ共に行なわれました。その前には2004年から2006年までパリーグが同様の形で「プレーオフ」という名称で行なわれ興行的な面やファンも大いに盛り上がったことから、2007年からセリーグでも導入されました。

・圧倒的に有利な1位チームの対戦成績が残っています。今まで1位チームが敗退したのはセリーグで2回、パリーグで1回だけとなっています。

・1位チームはアドバンテージ1勝とホーム球場で全て対戦できる権利があるので、精神的に有利に戦えています。

・クライマックスシリーズを快適に視聴するなら1ヶ月間無料でサービスを使える「スポナビライブ」がオススメです。スマホからも視聴に出来ますし、クライマックスシリーズから試してみるのも賢い選択かも!

 

関連記事

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

クライマックスシリーズの興行収入や経済効果は?メリット・デメリットについて考える

クライマックスシリーズ2017の日程や放送時間は?チケット購入方法も【プロ野球】

クライマックスシリーズのスポンサーは?視聴率と共に歴史を振り返る

スポンサーリンク

-日本シリーズ・CS

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】