つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

大リーグ

上原浩治の成績・年俸や凄さを検証!海外の反応もまとめた

2017/06/26

baseball-764637_1280
読売ジャイアンツでは先発ローテーションの大黒柱としてチームの勝利に大きく貢献し、渡米後は各球団のセットアッパーやストッパーとして息の長い活躍を続ける上原浩治投手。大ベテランの域に入った今もなお、高いレベルのパフォーマンスを発揮しています。

今回は、そんな上原投手の成績・年俸の推移をはじめとして、その凄さや海外の反応を徹底検証。2017シーズンの更なる好成績を期待しながら、順に追って見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

上原浩治の成績や年俸は?

それでは、さっそく年俸と成績の推移を併せて紹介します。

年俸推移(1999年~2017年)

年度 年俸 球団 背番号
1999年 1300万円 読売ジャイアンツ 19
2000年 6600万円 読売ジャイアンツ 19
2001年 7600万円 読売ジャイアンツ 19
2002年 1億600万円 読売ジャイアンツ 19
2003年 2億1000万円 読売ジャイアンツ 19
2004年 3億円 読売ジャイアンツ 19
2005年 3億5000万円 読売ジャイアンツ 19
2006年 3億4000万円 読売ジャイアンツ 19
2007年 3億1000万円 読売ジャイアンツ 19
2008年 4億円 読売ジャイアンツ 19
2009年 約5億円($5,000,000) ボルチモア・オリオールズ 19
2010年 約5億円($5,000,000) ボルチモア・オリオールズ 19
2011年 約3億円($3,000,000) ボルチモア・オリオールズ→テキサス・レンジャーズ 19
2012年 約4億円($4,000,000) テキサス・レンジャーズ 19
2013年 約4億2500万円($4,250,000) ボストン・レッドソックス 19
2014年 約4億2500万円($4,250,000) ボストン・レッドソックス 19
2015年 約9億円($9,000,000) ボストン・レッドソックス 19
2016年 約9億円($9,000,000) ボストン・レッドソックス 19
2017,年 球団オプション シカゴ・カブス 19

成績推移(1999年~2016年)

年度 登板数 勝利数 敗北数 セーブ ホールド 防御率
1999年 25 20 4 0 - 2.09
2000年 20 9 7 0 - 3.57
2001年 24 10 7 0 - 4.02
2002年 26 17 5 0 - 2.60
2003年 27 16 5 0 - 3.17
2004年 22 13 5 0 - 2.60
2005年 27 9 12 0 0 3.31
2006年 24 8 9 0 0 3.21
2007年 55 4 3 32 4 1.74
2008年 26 6 5 1 5 3.81
2009年 12 2 4 0 0 4.05
2010年 43 1 2 13 6 2.86
2011年 オリオールズ 43 1 1 0 13 1.72
2011年 レンジャーズ 22 1 2 0 9 4.00
2012,年 37 0 0 1 7 1.75
2013年 73 4 1 21 13 1.09
2014年 64 6 5 26 1 2.52
2015年 43 2 4 25 0 2.23
2016年 50 2 3 7 18 3.45

まずは何と言っても、プロ1年目の好成績が光ります。いきなり20勝を挙げ、負けはわずかに4つ。防御率も2点台前半にまとめます。

ここまでの獲得タイトルは後述しますが、ルーキーイヤーで「最多勝」「最優秀防御率」「最多奪三振」「最高勝率」を手中に。これらの抜群の成績が「新人王」「最優秀投手」、そして「沢村賞」の栄冠につながりました。年俸は一気に5300万円アップ。契約更改後の記者会見は、バラ色の空気に包まれました。

その後、読売ジャイアンツでの9年間は足などの怪我に泣かされたシーズンも何度かありましたが、トータルで見れば成績・年俸とも、ほぼ順調に推移。2001年から4年連続で二桁勝利を達成し、負け越したシーズンは2005年と2006年のみ。二桁の敗戦を喫したのは2005年だけで、チームに多くの貯金をもたらしました。その勝率の高さは、まさに“負けないエース”と称して差し支えないと思います。

また、プロ入り後に初めてストッパーに定着した2007年の数字も光ります。チームは残念ながら日本シリーズ進出を逃したものの、レギュラーシーズンで32セーブ、4ホールド。今思えば、この年の貴重な経験がメジャーにおける現在地の確固たる基盤になったような気がします。

上原投手が海を渡ったのは34歳の年。“メジャー・デビュー”としては遅咲きのカテゴリーでしたが、日本の常勝球団のトッププレーヤーとして培ってきた実力、そして心身の若々しさは、年齢の壁を凌駕するものでした。

年俸5億円からスタートし、最高で9億円。故障者リストに入って苦心し、登板数減少で成績と年俸が上がらないシーズンもありましたが、特にここ4年の実績は素晴らしく、名実ともに一流のメジャーリーガーとして、目の肥えたアメリカの野球ファンを唸らせ、日本のファンの目には実に誇らしい存在として映っています。
そして、これまで獲得した主なタイトルは以下のとおりになります。

獲得タイトル【NPB】

最多勝:2回(1999年・2002年)
最優秀防御率:2回(1999年・2004年)
最多奪三振:2回(1999年・2003年)
最高勝率:3回(1999年・2002年・2004年)
新人王:(1999年)
最優秀投手:2回(1999年・2002年)
沢村賞:2回(1999年・2002年)
ベストナイン:2回(1999年・2002年)
ゴールデングラブ賞:2回(1999年・2003年)
日本シリーズ優秀選手賞:1回(2002年)

獲得タイトル【MLB】

リーグチャンピオンシップシリーズMVP:1回(2013年)

日本での獲得タイトルはプロ1年目の1999年から、2000年代前半~中盤に集中していますが、投手が手にしたいタイトルや賞を総ナメという印象です。また、いまだ記憶に新しい4年前のリーグチャンピオンシップシリーズMVPも、これまでの輝かしいキャリアに彩りを添えていますね。

スポンサーリンク

 

上原浩治の凄さが分かる3つのポイント

凄さ① 精度の高いフォーシームとフォークボール

上原投手の武器と言えば、フォーシームとフォークボール。フォーシームは、正式には“フォーシーム・ファスト”と呼ばれ、日本で言うところの直球、ストレートですが、まずはこの威力とキレがピッチングを組み立てる上での基本となっています。

また、落差の大きなフォークボールも大きな魅力。カウントを整えるとき、そして空振りを取りたいとき、それぞれで威力を発揮しています。変化球のバリエーションは決して多くはないのですが、円熟期に入ってからは、コンパクトなテークバックからテンポよく繰り出す精度の高い2つの武器をメインに、メジャーの並み居る強打者たちを翻弄していますね。

凄さ② 抜群の制球力と高い奪三振率

長年に渡って不変の特長として特筆すべきなのは、抜群の制球力。四球を重ねて自滅…というシーンは、全くと言っていいほど記憶にありません。それと同時に際立つのが、奪三振率の高さ。この2つの要素は、長いイニングを投げ抜いた日本での先発時代でも、短いイニングを任される現在のリリーフ時代でも、上原投手の最大の持ち味と言っても過言ではありません。

特に、1点も許されない状況でマウンドに上がる今のポジジョンでは、被安打はある程度、割りきれたとしても四球はダメージが大きいもの。無駄な走者を塁に溜めることなく、ここぞという場面できっちり三振を取れる術は、上原投手の凄みを象徴していると思います。

凄さ③ 『雑草魂』に象徴されるタフなメンタル

上原投手の座右の銘は『雑草魂』。1年間の浪人生活を経て大阪体育大学に入学し、そこでようやく投手として頭角を現し始めたことからもわかるように、決してエリートコースを順調に歩んできたのではありません。また、浪人生活のときは予備校に通いながらジムでトレーニングを積み、家計の負担を減らすために道路の夜間工事のアルバイトもこなしたとか。こういったエピソードからも推察されますが、やはり並外れた不屈の精神力が、日米の厳しいプロの世界で長く活躍してきた要因でしょう。

スポーツにおいてよく使われる言葉に「心技体」がありますが、卓越した「技」と逞しい「体」の土台となるのは、強靭な「心」。タフなメンタルを、上原投手の凄さの1つとして挙げたいと思います。

 

海外の反応は?

近年で上原投手が最も輝いたのは2013年シーズンの後半。現地メディアからは様々な表現で称賛されました。

主なものとしては…
「精密機械」「不動心」「勢いを止められない」「幻惑的」「打たれない人間」「ガッツポーズの宝庫」「リリーフ投手の本質」「ハイタッチの愛好者」「エキサイティング」
等々。

フォーシームのスピード自体は年々、やや落ちてきているようですが、それでもなお、優れた投球術を見せている上原投手。円熟期がさらに深まっていく2017年シーズン、そしてその先も出来るだけ長く現役を続け、さらなる称賛の言葉をコレクションしてほしいですね。

 

まとめ

・先発ローテーションの大黒柱としてチームの勝利に大きく貢献し、渡米後は各球団のセットアッパーやストッパーとして息の長い活躍を続ける。

・精度の高いフォーシームとフォークボール、抜群の制球力と奪三振率、そしてタフなメンタルも大きな特長。

・特に目覚ましい活躍を見せた2013年シーズンの後半は「精密機械」「不動心」ほか、数々の言葉で地元メディアに称賛された。

 

スポンサーリンク

-大リーグ

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】