つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

高校野球

大阪大会2017の優勝予想!見どころや注目選手等のデータもチェック【夏の甲子園】

DSCF8854_TP_V

2017年春の選抜高校野球は大阪府同士の初めての決勝戦が行なわれました。大阪桐蔭と履正社の対戦で8対3で大阪桐蔭が勝利し優勝しました。大会前から両校の前評判も高く注目選手も多く揃っています。しかし夏の大会では1校しか甲子園に出場できません。

本当に残念ですが、この決勝で戦った2校のうち1校は出場できないのです。この2校以外にも大阪は強豪校も多く、選抜大会の決勝まで行ったからと言っても安心はできません。

今回はそんな大阪大会2017年の優勝予想、見どころや注目選手などを調べてみました。優勝候補予想もしていますが、あくまでも個人的な見解ですので応援している学校に名前が入っていないかも知れませんが、その部分についてはご了承くださいね・・・(^^)/

 

大阪大会2017の優勝候補高校から見どころをチェック!

2017年の大阪府大会優勝候補をあげてみます。

優勝候補1 大阪桐蔭

やはり、2017年春の選抜高校野球大会でも優勝した大阪桐蔭です。大阪桐蔭は全国でもトップクラスの野球部です。多くのプロ野球選手も輩出している学校ですね。プロ野球界でも強打者の選手が多いイメージで日本ハムの中田選手、西武の中村選手、中日の平田選手などプロ野球界でも4番打者を打てる選手を多く輩出しています。

昔は大阪と言えばPL学園(2016年夏を最後に休部)のイメージが強くありましたが、今では完全に大阪桐蔭が大阪府、近畿地区をリードしています。2017年は特に2年生を中心にした選手が注目を浴びています。

特に根尾選手は背番号は7でしたが、外野、遊撃手に加えて、選抜大会の決勝戦の最後は投手まで務めました。中学時代からも注目されていた選手で、将来のスター候補選手です。天性の打力も魅力で根尾選手を中心に投打ともに他校を圧倒していると言って良い学校でしょう。

(参考)大阪桐蔭高校の偏差値・学費や寮は?野球部OBや甲子園での記録もチェック

 

優勝候補2 履正社

大阪桐蔭と2017年選抜大会の決勝で対戦し敗れました。ですが、2016年の昨年の夏も甲子園に出場しており、夏の甲子園を経験している選手がいるのも強みでしょう。2016年は高校ビッグ3と言われた好投手寺島成輝を擁し、投打にバランスの取れたチームでした。

2017年のエース竹田投手は寺島投手と比べると力はやや劣りますが、安定した投球で試合をまとめてくれる投手です。打者では長距離砲の安田尚憲選手がプロ注目選手です。選抜大会では東の清宮選手(早稲田実業)、西の安田選手という見方もありました。甲子園に出場して自分の打力を全国に見せつけたいと思っていることでしょう。

履正社は選抜大会決勝で負けた悔しさを持って夏の大会に臨んできます。その思いからどのような戦いをしてくれるのか楽しみなところですね。

(参考)履正社高校の偏差値・学費や寮は?野球部OBや甲子園での記録も調査

 

優勝候補3 上宮太子

上宮太子高校は2016年新チームで行われた大阪府秋季大会にて決勝で履正社を10対3で倒して優勝しました。その後の近畿地区大会では準々決勝で神戸国際大付属に敗れ選抜大会の出場は逃しましたが、新チームでの優勝は自信になっています。2017年の春の大会では準決勝で強豪大体大浪商に2対1で惜敗しましたが、必ず上位に食い込んでくる印象がありますね。

チームの特徴はエースの森田投手が安定した投球で試合をつくっていきます。投打が噛み合えば2強の大阪桐蔭、履正社を破る可能性も十分に考えられます。2017年大阪府大会では注目の高校と言えるでしょう。

 

注目選手のご紹介!

ここでは2017年夏の注目選手を紹介します。

注目選手1 根尾昂選手 大阪桐蔭

根尾昂選手は中学時代から注目されていました。「スーパー中学生」なんていう呼び声もありました。投げては中学時代からMAX146kmのストレートと天性の打撃センスが特徴の選手です。現在まだ2年生ですが、大阪桐蔭の中心選手に間違いありません。

外野、遊撃手、投手をこなす3刀流なんていう表現もされています。中学時代から成績もよくオール5という話もあります。野球は頭も使うスポーツなので、自分のスキルアップもしっかり考えた上で行動できる選手だと思います。将来が楽しみな球児の1人で、2017年も注目したい選手ですね。

注目選手2 安田尚憲選手 履正社

履正社の強打者安田選手が注目です。打っては高校通算53本塁打(5月26日現在)となっています。身長188cm、体重92kgと恵まれた体格をいかしてボールを遠くに飛ばします。ボールを遠くに飛ばすだけでなくスイングの際に体幹がしっかりしているので体の軸がぶれずに力強く触れることで長打はもちろん、状況によっては鋭い打球で単打も打っていきます。

2017年夏の予選がはじまる頃には西の安田選手、東の清宮選手ということで比べられることも多くなると思いますが、自分のスイングをして最後の夏に挑んでもらいたいですね。

注目選手3 森田輝選手 上宮太子

最後は上宮太子のエース森田投手です。2016年秋の大阪府大会で優勝した原動力といっても過言ではないでしょう。ストレートはMAX141kmで驚くほどのスピードがあるわけではありませんが、球の切れとコントロール、鋭い変化球で勝負してくる投手です。2017年春の大会の準決勝では大体大浪商に2対1で敗れたものの森田投手は14三振を奪う好投を見せつけてくれました。

必ず試合をつくってくれる投手として信頼感のある選手です。夏の大会は連戦と暑さからスタミナ面が気になるところですが、夏までにさらにスタミナ面を強化してくると、面白い存在になること間違いありません。

 

優勝予想は大阪桐蔭!

大阪の高校野球は2017年も強豪校のどの学校が甲子園に出場してきてもおかしくありません。優勝予想は本当に難しいですが、大阪桐蔭とさせて頂きます。やはり2017年選抜大会優勝で現在の2年生が大舞台を経験できたことは大きな力になります。

2年生も上位を打つ根尾選手、藤原選手、中川選手、山田選手は注目です。まだ2年生ですが、ほとんどが中学生時代から注目されていた選手です。3年生、2年生と上手く連動し噛み合うとどの学校もとめられないと思われます。

特に、根尾選手は夏の大会はどのポジションで出場してくるのか楽しみなところですね。大阪桐蔭の根尾選手の3刀流には注目して下さい。

 

まとめ

・2017年大阪府夏の大会は大阪桐蔭、履正社の2校が抜きでている状況。順当にいけば大阪桐蔭が優勢か!?

・大阪桐蔭2年生の活躍がカギ。特に根尾選手の3刀流には大注目!!

・履正社主砲の安田選手の打撃も注目。夏の大会でどれだけ本塁打が量産できるかが履正社の勝利につながる・・・!?
 

関連記事

大阪大会2017決勝の日程はいつ?場所やテレビ放送時間も!【夏の甲子園】

大阪大会の歴代優勝高校は?本番の成績や野球人口も調査!【夏の甲子園】

大阪桐蔭高校の偏差値・学費や寮は?野球部OBや甲子園での記録もチェック

履正社高校の偏差値・学費や寮は?野球部OBや甲子園での記録も調査

スポンサーリンク

-高校野球

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】