つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

日本プロ野球 豆知識

日本プロ野球の年金制度だといくら貰える?受給資格・金額に加えて歴代最高額も調査

ball-742864_640
近年、アスリートの“セカンドキャリア”という言葉をよく耳にします。“セカンドキャリア”とは、端的に言うと「現役引退後の第二の人生」。華々しいキャリアを積み重ね、誰もが認める超一流選手として名を馳せた選手であれば、そのまま同じ世界で指導者や評論家などの仕事に携わって生活していくことも可能ですが、そうではない大半の選手は別のステージで新生活をスタートされることになりますね。

もちろん、厳しいプロ野球の世界もご多分に漏れません。戦力外通告を受けた選手、あるいは自ら現役引退を表明した選手。大志を抱いて新たにこの世界に飛び込んでくる若者の数だけ、第一線から退かざるを得ない選手もいるわけです。

そんなとき、切実な問題として直面するのが「お金」のこと。当面の生活はもちろん、自力で何かを始めようと試みる際にも必要であることは間違いありません。

今回は、その「お金」に関することとして「日本プロ野球の年金制度」をクローズアップ。受給資格をはじめとして金額としていくら貰えるのか、そして現状のシステムはどうなっているかなど、可能な限り紹介してみたいと思います。歴代最高額も調査しましたので、合わせてチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 

日米プロ野球の年金制度について

それでは制度について紹介していきますが、まずは日米の比較という意味で、メジャーリーグの年金制度から簡単におさらいしてみます。

メジャーは10年登録の満額で年間約2000万円

メジャーの年金制度は、選手会が運用する終身年金。たった1日でもメジャー登録されれば資格を得ることができ、10年間の選手登録があれば、本人が亡くなるまでずっと満額の年金が支給されます。その一方で、マイナーの選手は資格外。非常にシビアな世界ということが、このはっきりとした制度からも見て取れます。

ちなみに支給金額は登録年数によって異なり、9年登録で90%。以下、5年登録まで、1年違うごとに10%ずつ減っていきます。

10年登録100%の満額支給で、年間約2000万円。この条件をすでにクリアーしたイチロー選手や松井秀喜氏らは、1年間で確実にこの金額は受け取れるわけですから、活躍したぶんの対価としても、かなり恵まれた懐事情になりますね。

【MLB】大リーグの年金制度だといくら貰える?受給資格・条件や金額まで日本人を事例に考える

 

日本プロ野球は1軍・2軍とも10年以上の選手登録が条件だった

では、日本プロ野球界の年金制度はどうなっているのでしょうか?

受給資格条件は「10年以上の選手登録」となります。ここでメジャーと大きく異なるのは2軍選手であっても対象になるということ。つまり極端な話、一度も1軍に上がれなくても10年間選手登録されれば年金を受け取る資格を得られるわけです。

支給額は年間で100万円超(月に10万円超)。55歳以上で「支給されていました」。

さて、ここで気になることはありませんか?

前述のように「支給されていました」…というのは、実は現在は廃止されているからです。

現役を退く選手というのは毎年かなりの人数となりますから、当然、受給者は増えていく一方ですよね? つまり、そのことによって財源が厳しくなり、2012年にこの制度はなくなってしまったのです。

ちなみに現在は侍ジャパン、あるいはリーグの収益などから毎年、ある程度のまとまった金額を、国民年金基金に積み立てているとか。

今後、以前のような制度に戻るのかどうかは不透明ですが、第二の人生をスタートさせている元・選手の皆さんにとって、より良い方向へ再度進むことを願うばかりです。

スポンサーリンク

 

平均的にはどれ位もらえる?

上記のように現在は国民年金制度ということになりますので、毎年変動がありますが、支給額は平均すると年間約80万円といったところでしょうか。メジャーリーグの満額2000万円にくらべると、やはり寂しい数字と言わざるを得ません。

仮にもし、元の制度に戻すのが難しいようであれば、それに近い内容の新たなシステムを構築し、元・選手の皆さんの“セカンドキャリア”の不安を少しでも軽減していただきたいと思います。

 

歴代最高額は誰でどれ位?(予想含む)

あくまで推測になりますが、上記の条件を満たす受給者ということで考えると、川上哲治氏がまず思い浮かびます。

「打撃の神様」としてプロ野球史に深く名を刻んだレジェンド中のレジェンド。2013年に93歳でお亡くなりになるまで、球界の真のご意見番として長く活躍されました。

続いて、ご存命のOBとしては杉下茂氏の名前が挙がります。

「フォークボールの神様」として一世を風靡し、実働11年間で215勝を挙げた名投手です。御年92歳。古巣・中日ドラゴンズの春季キャンプでいまだに毎年臨時コーチを務めるなど、まだまだ元気いっぱいの御方です。

 

まとめ

・日本プロ野球界の年金制度の受給資格条件は「10年以上の選手登録」。

・メジャーと大きく異なるのは「10年以上」であれば、2軍選手であっても対象になるということ。

・支給額は年間で100万円超(月に10万円超)。55歳以上で支給されていたが、2012年に廃止されて国民年金に。新たな制度構築が望まれる。

 

関連記事

戦力外通告を受けた野球選手のその後は?クビ・解雇の後はどんな職業につく?

野球選手の平均寿命について。引退後の職業はどんな道がある?

戦力外通告のその後は?復活を遂げてプロやメジャーで再活躍した選手はいるの?

戦力外通告・解雇・自由契約の違いや意味を確認しよう【プロ野球】

トライアウトの合格できる確率は?歴代成功率の低さから考える厳しい現状について【プロ野球】

スポンサーリンク

-日本プロ野球, 豆知識

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】