つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

タイトル・賞・記録

最多セーブ数の歴代記録ランキング!メジャー記録もチェック【プロ野球】

2017/09/03

30b0687ca78a7699c41ab9579dbd88de_s
野球にはゲームを締めくくる守護神(クローザー)と呼ばれる選手が存在します。守護神を任されている選手の登場曲が流れ始めると、ゲームの終わりと、チームの勝利を予感するファンたちが大きな盛り上がりをみせます。

今回はゲームを締めくくるセーブ数について歴代ランキングのご紹介です。シーズン・通算別はもちろん、日本だけではなくメジャーリーグのセーブ数についても記していますので、同時に確認してみましょう。

スポンサーリンク

 

歴代シーズン最多セーブ数ランキング!

それでは、最初にシーズンにおける歴代最多セーブ記録についてランキングトップ5までをまとめてみました。一体どんな選手がランクインしているのでしょうか?

順位 選手名 所属:記録達成時 セーブ数 達成年度 登板数
1 岩瀬 仁紀 中日 46 2005年 60
1 藤川 球児 阪神 46 2007年 71
3 佐々木 主浩 横浜 45 1998年 51
4 岩瀬 仁紀 中日 43 2007年 61
4 サファテ ソフトバンク 43 2016年 64

最近の野球ファンならば、聞いたことのある守護神たちがランクインしていますね!

1位は中日の守護神で【死神】の呼び名でも知られる岩瀬仁紀選手と、火の玉ストレートを投げる阪神の藤川球児選手が同率でランクインしています。

特に岩瀬選手は4位にもランクインしており、守護神を任されていた時代は、毎年安定してセーブ数を重ね続けた実績を持っています。2017年、42歳で球界最年長となった岩瀬選手は未だ現役で活躍しており、同じ中日で50歳まで現役を続けた山本昌選手のようなレジェンド選手としての活躍を今後も期待されています。

 

歴代通算最多セーブ数ランキング

順位 選手名 所属チーム セーブ数 実働期間 登板数
1 岩瀬 仁紀 中日 404 1999~2017年 953
2 高津 臣吾 ヤクルト、ホワイトソックスなど 286 1991~2007年 598
3 佐々木 主浩 横浜、マリナーズなど 252 1990~2005年 439
4 小林 雅英 ロッテ、巨人など 228 1999~2011年 463
5 藤川 球児 阪神、カブスなど 223 2000~2017年 643

続いて、歴代通算でのセーブ数ランキングですが、こちらも現役の岩瀬選手、藤川選手がランクインしています!

歴代でセーブ数を重ね続けた選手たちは、失敗が許されない状況で試合の最後を締めくくる強い精神力を持っていますが、これを投げられたらわかっていてもなかなか打てない、いわゆる【伝家の宝刀】も共通して持ち合わせています

1位の岩瀬選手は【死神の鎌】とも呼ばれるスライダー、2位の高津選手にはシンカー、3位の【大魔神】こと佐々木選手にはフォーク、4位の小林選手には高速シュート、5位の藤川選手には火の玉ストレートがあります。

ランクインしている選手たちの全盛期は「○○が出てきた、これで勝ったな!」と思わせるぐらいの安心感がありましたよね。

スポンサーリンク

 

メジャー記録もチェック!

それでは、続いてメジャーの記録を確認していきましょう。メジャーでは岩瀬選手のセーブ数以上を達成した選手は果たして存在するのでしょうか?

歴代シーズン最多セーブ数のメジャー記録はエンゼルスのF・ロドリゲス選手!

順位 選手名 所属チーム セーブ数 達成年度
1  F・ロドリゲス エンゼルス 62  2008年
2  B・シグペン ホワイトソックス 57  1990年
3  E・ガニエ ドジャース 55  2003年
3  J・スモルツ ブレーブス 55  2002年
5  M・リベラ ヤンキース 53  2004年
5  R・マイヤーズ カブス 53  1993年
5  T・ホフマン パドレス 53  1998年

ランキングをざっと見ると、日本の選手たちよりも更に多いセーブ数を積み上げた選手がランクインしていますね。

これは日本のプロ野球の試合数が約143試合なのに対して、メジャーではおよそ162試合の試合数があり、セーブ機会が日本よりも少し多く存在することが挙げられます。

しかしながら、それを差し引いても1位にランクインしているF・ロドリゲス選手の62セーブは、約2.6試合に1回セーブを記録している計算であり、物凄い記録であることが伺えます。

歴代通算最多セーブ数のメジャー記録はヤンキースのM・リベラ選手!

順位 選手名 所属チーム セーブ数 実働期間
1 M・リベラ ヤンキース 652 1995~2013年
2  T・ホフマン マーリンズ、パドレスなど 601 1993~2010年
3  L・スミス カブス、レッドソックスなど 478 1980~1997年
4 F・ロドリゲス エンゼルス、メッツなど 430 2002~2017年
5  J・フランコ レッズ、メッツなど 424 1984~2005年

続いて、メジャーの通算最多セーブ数ランキングですが、M・リベラ選手、T・ホフマン選手、F・ロドリゲス選手がシーズン最多セーブ数ランキングと同様にランクインしていますね。

特に1位のリベラ選手は150kmを超えるカットボールを操り、バットの芯を外すことに長けており、長年ヤンキースの守護神として君臨し続けていました。2位のホフマン選手の記録を抜いた際は、メジャー最多記録を更新したことによりギネス記録に認定されています。

力みのない投球フォームからボールを投げていたため、腕の故障もほとんどなく、投げる球種がほぼカットボールだけなので、腕に負担もかかりませんでした。

日本のプロ野球選手と同様に、伝家の宝刀と呼ばれる球種を持ち合わせ、ケガが少なく、長年クローザーを勤め続けたことによりここまでのセーブ数を積み上げることができたわけですね!

 

以上、セーブ数について見てきましたがいかがだったでしょうか。素晴らしい記録の数々に驚かされますよね。

ちなみに投手についての記録については他にも以下のような偉大な記録をまとめていますので、興味のある方は合わせてチェックしてみて下さいね。

最多勝利数の歴代記録ランキング!世界記録(メジャー記録)もチェックしてみた【プロ野球】

歴代最多奪三振数ランキング!世界記録も調査した【プロ野球】

 

まとめ

・日本の歴代シーズン最多セーブ数ランキングの1位は岩瀬仁紀選手と藤川球児選手の46セーブであり、両選手とも2017年時点では現役として活躍し続けている。

・日本歴代通算セーブ数ランキングの1位は岩瀬仁紀選手の404セーブであり、ランクインしている選手は全員【伝家の宝刀】と呼ばれる球種を持ち合わせている。

・メジャーのシーズン最多セーブ数ランキングの1位はF・ロドリゲス選手の62セーブであり、約2.6試合に1回のペースでセーブを積み上げている。

・メジャーの歴代最多セーブ数ランキングの1位はM・リベラ選手の652セーブであり、メジャー記録としてギネス記録に認定されている。

 

関連記事

完全試合とノーヒットノーランの歴代達成者は?両者の意味や違いもチェック!【プロ野球】

歴代最多安打数ランキング!世界記録もチェックしよう【プロ野球】

歴代ホームラン記録ランキング!最多本塁打や世界記録も確認【プロ野球】

連続試合出場記録の歴代ランキング!世界記録もチェックしよう

三冠王の歴代達成者を一覧にまとめた!ちなみにメジャーは?【プロ野球】

スポンサーリンク

-タイトル・賞・記録

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?