つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

仕事・バイト

野球経験者の就職・転職活動の特徴は?強みを生かせる仕事も確認しよう

2017/08/18

baseball-field-1495657_640 (1)

野球経験者であればいつまでも野球に関わっていたい、出来ればプロの道へ、などと思っている方も多いと思います。

ただ小さな頃はプロ野球選手を目指していても最終的には断念せざるを得ないという方も多いのが現実です。ですが、その野球を経験をしたからこそ就職や転職活動でその経験を生かせたり、仕事に繋がるケースもあるでしょう。

今回はそんな野球経験者の就職・転職活動や、野球経験者ならではの強みについて見ていきましょう。野球経験があって仕事選びに悩んでいる方にはおススメの情報になると思うので、是非チェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 

野球経験者の就職・転職活動の特徴は?

野球経験者に限った話ではないですが、団体スポーツをやってきた点は協調性があるということで、企業からは高く評価されます。また一つの目標に向かって厳しい練習に耐え抜いたという点で、達成志向やメンタルが強いという評価をされることもあるでしょう。

そういう意味では学生時代に目標を持ち、スポーツに打ち込んだという経歴は大きなプラス材料になると考えられます。

また、もし甲子園出場や強豪校で3年間野球に専念したという事実があれば話題性も高いので、企業としても一目置いてしまうのは確かでしょう。どうしても他者と比べて目立ちますからね。

いずれにしても、体育会の部活などで打ち込んだ経験というのは総じて就職活動や転職活動をする際には有利に働くケースが多いようです。

 

野球経験者の強みとは?

先ほど少し触れた点と重なる部分もございますが、改めてここでは野球経験者の強みを見ていくことにしましょう。

最後までやり遂げる力がある(根性がある)

特に強豪校などで、部活動を最後までやり通した方は強みと言えると思います。

学校によっては上下関係や練習が恐ろしいほど厳しい環境が今でもあるようですね。その環境の中で、やり抜いた経験があるということは「最後までやり遂げる力がある」「根性がある」と思われるので、大きな強みの一つと言えるでしょう。

協調性がある

これは野球だけでなく、団体スポーツ全般に言えることですね。野球の一つ一つの動作は個人個人の技術になりますが、周囲に気を遣えなければチームとしては成り立ちません。ですから、試合に出ている人も出ていない人も一つにならないと強いチームは出来ないんですね。

このことから野球を通じて自然と協調性が身につき、この「協調性」は就職や転職活動においても大事なポイントとなりますので、企業側の印象としても優位に働くことでしょう。

達成志向がある(目標がしっかりしている)

目標ってありそうで中々持っていない方が多いですよね。学生やサラリーマンとなると尚更です。特に学生の場合は管理されない分、ただ惰性で過ごしてしまう方も多いことでしょう。

ですが、野球をやっているとレギュラーになる、ベンチ入りをする、県大会で優勝して甲子園に行くなど目標を掲げるのが通常です。自然と自分の目標に向かって行動する力が身につくんですよね。

この「達成志向」は企業側でも重要なポイントです。就職しても一つ一つの仕事に目標を見つけ、自己成長に繋げていくのは同じなので野球をやっているとこの辺りが強みになることは間違いありません。

メンタルが強い

最近はうつ病を患っている方が多いですよね。ストレス社会と言われて久しいですが、「タフさ」というのも企業側としては評価ポイントになります。社会に出たら理不尽なことが多いですからね。いちいち気にしない強いハートを持っていることは今後も重要になってくるでしょう。

この点、野球経験者は相当精神面が鍛えられている方も多いですから、好印象を与えることが出来ます。野球に限らず体育会出身者が採用に有利と言われている所以の一つですね。

 

野球経験者が生かせる仕事について

続いて野球経験者が生かせる仕事について確認していきましょう。

スポーツ用品メーカー

やはり、この仕事は最大に野球の仕事を生かせる環境だと思います。ですが、スポーツ業界も業界的には少子高齢化もありスポーツ人口が減っている問題もあるので、見通し良い業界とは言えず求人先が多くある訳でも無いようです。

また入社できたとしても、多くの部署がある会社の場合は、必ずしも野球関連の仕事につけるかが分からない点も考慮したいですね。

営業職

何を営業するのかという点がありますが、この職種は野球経験者の方は向いていると思います。まず、困難なことにぶつかっても諦めずにやり通すことが身についていることは大きいでしょう。

また、協調性も必要な職種で得意先などとのコミュニケーションもとれるので、向いている職種の一つと言えると思います。野球好きの社長さんも多いですからね。自然と話がはずんで、なんていうことも結構あると思います。

消防士・警察官

この仕事も倍率は高い仕事ですが、向いている仕事の一つだと思います。

まずは、体力面で期待されると思います。基礎体力に自信がある人で興味のある方は検討してみてもいいかもしれないですね。ですが、生半可な仕事ではないので人のために本気でとり組める意思がある人だけがおススメな仕事です。体力に加えて、強いメンタルが必要な仕事といえますね。

球団職員

まさに野球関係の仕事ですね。裏方で野球を支えてみたいという方にとっては絶好の場だと思います。選手の気持ちが分かるからこそ出来る仕事というのもあることでしょう。

仕事内容にについては一言でいってしまえば、「球団作り」ということになろうかと思いますが、球団職員の仕事内容については以下でもまとめていますので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さいね。

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

 

以上、野球経験者の就職・転職活動について「強み」や「生かせる職業」などについて見てきました。

ちなみに、野球経験者がお仕事を探す時は体育会系出身者に特化した転職サイトで探すのが効率的です。

「スポナビキャリア」なら、スポーツ関連の求人情報は多数出てきますし、体育会系出身者ならではのアプローチ方法なども詳しく知ることが出来ます。

体育会出身者の特別な転職【スポナビキャリア】

 

もちろん登録は無料ですし、専属のコンサルタントもしっかりついてサポートしてくれるので、仕事を探してみたい方は一度試してみるのもいいと思いますよ。

 

まとめ

・野球経験者や他のスポーツに打ち込んできていることにより協調性が備えられます。コミュニケーション力が高く上下関係なども学んでいること強みになります。

・野球用品を扱っているスポーツメーカーは向いている仕事と言えます。好きな分野で活躍できるのは仕事も充実すること間違いなし。

・性格にもよりますが、営業職も向いていると言えると思います。目標を持ち、やり続けられる努力が体に染みついているからです。

 

関連記事

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

球団職員の面接・筆記試験や倍率は?求人や転職・採用情報もチェック!【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

スポンサーリンク

-仕事・バイト

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?