つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

日本シリーズ・CS

日本シリーズの歴代視聴率は?最高をマークしたのはいつのどの試合?

bats-312600_640 (1)

今回は日本シリーズの歴代の視聴率についてご紹介します。

数多くの素晴らしい戦いが繰り広げられてきた日本シリーズで、いつのどの試合が最高視聴率をマークしたのか、気になる野球ファンの方は多いことでしょう。

ランキング形式で振り返ろうと思いますので、当時を懐かしみながら確認するのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

 

日本シリーズの歴代視聴率ランキング(関東地区)

ここではまず関東地区における日本シリーズの歴代視聴率をランキングにまとめました。

順位 年度 第何戦 視聴率 優勝チーム 敗戦チーム 成績
1位 1978年 第7戦 45.6% ヤクルト 阪急 4勝3敗
2位 1996年 第2戦 43.3% オリックス 巨人 4勝1敗
3位 1996年 第1戦 43.1% オリックス 巨人 4勝1敗
3位 1965年 第3戦 43.1% 巨人 南海 4勝1敗
5位 1983年 第5戦 41.8% 西武 巨人 4勝3敗

歴代最高視聴率は1978年の第7戦(ヤクルトvs阪急)になります。平均視聴率が45%超えですから、これは凄まじい記録になります。

この年はヤクルトが球団史上初の日本一に輝いた年ですね。この第7戦はある事件がおきました。阪急の上田監督がホームランの判定を巡って猛抗議を行い、1時間19分も試合が中断したんです。それはコミッショナーがグラウンドに降りて説得するほどでした。あまりあってはいけない光景ですが、臨場感があって野球ファンは興奮したでしょうね。

当時の様子については、以下でもまとめていますので合わせてチェックしてみて下さいね。

日本シリーズの歴代名場面ランキング!劇的な逆転優勝も振り返る

 

上位5位までを記してみましたが、大分昔の試合になりますね。やはり昔の方がテレビ中継を多くしていた分、注目度が高かったということでしょう。そして注目すべきは、5試合のうち実に4試合が巨人戦ということです。いかに巨人戦の注目度が高いかがよく分かりますよね。

では最近は視聴率は全く取れていないのか、というとそういう訳ではありません。

上記はあくまで関東地区なんですね。各地域毎の視聴率をみると面白い結果になるんです。次で、各地域毎の視聴率について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

日本シリーズの歴代視聴率ランキング(各地域別)

それでは早速ですが、今度は視点を変えて各地域別の視聴率ランキングを見ていきましょう。

順位 年度 第何戦 視聴率 優勝チーム 敗戦チーム 成績
1位 2016年 第6戦 54.9%(広島地区) 日本ハム 広島 4勝2敗
2位 2006年 第5戦 52.5%(札幌地区) 日本ハム 中日 4勝1敗
3位 2000年 第2戦 51.5%(北部九州地区) 巨人 ダイエー 4勝2敗
4位 1999年 第1戦 47.6%(北部九州地区) ダイエー 中日 4勝1敗
5位 1999年 第5戦 47.1%(北部九州地区) ダイエー 中日 4勝1敗

こうしてみると見事に最近の試合が多くなりましたね。そして注目すべきは巨人戦の割合が比較的少ないことでしょう。

ここ数年でプロ野球は地域密着で根付いてきたことが要因でしょうね。

そして数字を見ると、なんと第3位までが脅威の50%超えです。2人に1人は試合を見ているということですから、凄いことです。もう国民のイベントですね。

中でも1位の広島地区の54.9%は脅威的な数値ですし、記憶に新しいですよね。25年ぶりのセリーグ制覇に感動した野球ファンは、広島ファンならずとも多かったことでしょう。

そして2位は、2006年日本シリーズで日本ハムが本拠地の5戦目で日本一を決めた試合になります。東京から北海道に本拠地を移転してより人気が高まりました。熱い北の大地から初の日本シリーズに出場し、日本一に王手をかけていた試合でした。やはり地域密着でファンからの高い支持を受けていたことが分かります。この時は新庄選手がいて、ファンサービスを多くやっていたことも視聴率に繋がっていると思います。

3位は、ON対決ですね。長嶋監督率いる巨人とダイエーを率いる王監督との対戦です。

やはり話題性の高い対戦は視聴率が高まりますね!

 

ちなみに歴代瞬間最高視聴率(各地域別含む)は2006年第5戦の73.5%!

これまで視聴率の平均で歴代の記録を見てきましたが、瞬間視聴率も気になりますよね。そこで最後に歴代の瞬間最高視聴率を確認しましょう。

その名誉ある記録を叩き出した試合は、先ほどの地域別の第2位にランクインした2006年第5戦(日本ハムvs中日)になります。

札幌地区の視聴率ですが、73.5%と視聴率とは思えない数値をたたきだしました。最後の日本一を決める瞬間は、多くの北海道民を中心にファンから見守られれていたということになります。

その他にも、北海道に移転してからの初の日本シリーズということもあり、この瞬間最高視聴率に繋がっていると思います。本当に凄いですよね・・・(^^)/

 

まとめ

・日本シリーズの歴代最高視聴率(関東地区)は1978年の第7戦(ヤクルトvs阪急)で45.60%になります。試合が1時間以上も中断する事件がおきました。

・日本シリーズの歴代最高視聴率(各地域別)は2016年の第7戦(日本ハムvs広島)で広島地区の54.90%になります。25年ぶりのセリーグ制覇ということもあり、広島ファンの熱気は最高潮になりました。

・歴代瞬間最高視聴率は2006年の日本シリーズで北海道に移転した日本ハムが日本一を決めた第5戦の札幌ドームの試合です。その数字は脅威の73.5%。北海道に移転して初の日本シリーズということもこの脅威の数字に繋がった理由だと思います。

 

関連記事

日本シリーズのルール特集!延長や引き分けから予告先発・DH制の有無まで

【日本シリーズ】歴代最多優勝回数のチームと監督は?一覧にまとめて振り返る

スポンサーリンク

-日本シリーズ・CS

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?