つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

高校野球

福岡大会の歴代優勝高校は?本番の成績や野球人口も!【夏の甲子園】

2017/08/13

fence-939058_640西日本は野球の強い県が多くある印象がある方も多いことでしょう。北日本の東北や北海道も一昔前に比べ強い高校が多くある印象がありますが、まだまだ西日本の高校の方が強いイメージがありますよね。

その中でも特に九州勢は、福岡をはじめ、鹿児島、熊本、沖縄、佐賀など甲子園での活躍が目に留まります。佐賀県については公立校ので全国優勝を果たした佐賀北や佐賀商など旋風を巻き起こしてくれました。

福岡県については九州の中でも本州との入り口を結ぶ県となっており、人口が多く高校も沢山あるので事前と激戦区となっています。

今回はそんな福岡大会の歴代優勝校に加えて、甲子園での成績や野球人口を調べてみました。特に福岡圏の高校野球ファンには面白い情報になると思いますよ。

スポンサーリンク

 

福岡大会の歴代優勝高校を確認しよう!

それでは早速ですが、福岡県大会の歴代優勝校を確認していきましょう。

年度 大会数 学校名 私立or公立
1915年 大正4年 1回 久留米商 公立
1916年 大正5年 2回 中学明善 公立
1918年 大正7年 4回 中学明善 公立
1919年 大正8年 5回 小倉中 公立
1920年 大正9年 6回 豊国中 私立
1921年 大正10年 7回 豊国中 私立
1930年 昭和5年 16回 小倉工 公立
1931年 昭和6年 17回 小倉工 公立
1932年 昭和7年 18回 小倉工 公立
1934年 昭和9年 20回 小倉工 公立
1936年 昭和11年 22回 小倉工 公立
1937年 昭和12年 23回 福岡工 公立
1938年 昭和13年 24回 福岡工 公立
1939年 昭和14年 25回 福岡工 公立
1940年 昭和15年 26回 福岡工 公立
1946年 昭和21年 28回 小倉中 公立
1947年 昭和22年 29回 小倉中 公立
1948年 昭和23年 30回 小倉 公立
1949年 昭和24年 31回 小倉北 公立
1950年 昭和25年 32回 小倉 公立
1951年 昭和26年 33回 小倉 公立
1952年 昭和27年 34回 三池 公立
1953年 昭和28年 35回 東筑 公立
1954年 昭和29年 36回 小倉 公立
1955年 昭和30年 37回 小倉 公立
1956年 昭和31年 38回 小倉 公立
1957年 昭和32年 39回 戸畑 公立
1958年 昭和33年 40回 八女 公立
1959年 昭和34年 41回 戸畑 公立
1960年 昭和35年 42回 戸畑 公立
1961年 昭和36年 43回 戸畑 公立
1962年 昭和37年 44回 久留米商 公立
1963年 昭和38年 45回 柳川商 私立
1964年 昭和39年 46回 小倉工 公立
1965年 昭和40年 47回 三池工 公立
1966年 昭和41年 48回 小倉工 公立
1967年 昭和42年 49回 小倉工 公立
1968年 昭和43年 50回 飯塚商 私立
1969年 昭和44年 51回 飯塚商 私立
1970年 昭和45年 52回 九州工 私立
1971年 昭和46年 53回 筑紫工 私立
1972年 昭和47年 54回 東筑 公立
1973年 昭和48年 55回 柳川商 私立
1974年 昭和49年 56回 福岡第一 私立
1975年 昭和50年 57回 小倉南 公立
1976年 昭和51年 58回 柳川商 私立
1977年 昭和52年 59回 九州産 私立
1978年 昭和53年 60回 東筑 公立
1979年 昭和54年 61回 八幡大付 私立
1980年 昭和55年 62回 田川 公立
1981年 昭和56年 63回 福岡大大濠 私立
1982年 昭和57年 64回 八幡大付 私立
1983年 昭和58年 65回 久留米商 公立
1984年 昭和59年 66回 福岡大大濠 私立
1985年 昭和60年 67回 久留米商 公立
1986年 昭和61年 68回 西日本短大付 私立
1987年 昭和62年 69回 東筑 公立
1988年 昭和63年 70回 福岡第一 私立
1989年 平成元年 71回 福岡大大濠 私立
1990年 平成2年 72回 西日本短大付 私立
1991年 平成3年 73回 柳川 私立
1992年 平成4年 74回 西日本短大付 私立
1993年 平成5年 75回 東福岡 私立
1994年 平成6年 76回 九州工 私立
1995年 平成7年 77回 柳川 私立
1996年 平成8年 78回 東筑 公立
1997年 平成9年 79回 福岡工大付 私立
1998年 平成10年 80回 東福岡 私立
1999年 平成11年 81回 東福岡 私立
2000年 平成12年 82回 柳川 私立
2001年 平成13年 83回 九産大九州 私立
2002年 平成14年 84回 柳川 私立
2003年 平成15年 85回 筑陽学園 私立
2004年 平成16年 86回 西日本短大付 私立
2005年 平成17年 87回 柳川 私立
2006年 平成18年 88回 福岡工大城東 私立
2007年 平成19年 89回 東福岡 私立
2008年 平成20年 90回 飯塚 私立
2009年 平成21年 91回 九州国際大付 私立
2010年 平成22年 92回 西日本短大付 私立
2011年 平成23年 93回 九州国際大付 私立
2012年 平成24年 94回 飯塚 私立
2013年 平成25年 95回 自由ヶ丘 私立
2014年 平成26年 96回 九州国際大付 私立
2015年 平成27年 97回 九州国際大付 私立
2016年 平成28年 98回 九州国際大付 私立

福岡県の代表校で1番出場上回数が多いのは、小倉です。

ただ甲子園の出場回数は多いものの、1956年の第36回大会を最後に甲子園に出場できていません。古豪の高校ですね。

出場校の第2位は8回で柳川と小倉工が並んでいます。小倉工も公立高校で長い間甲子園に出場できていません。小倉同様に福岡県の古豪の高校と言えるでしょう。柳川は昔は柳川商という校名でしたが、柳川に校名を変更し8回の出場を誇っている私立の学校です。

昔は公立校の出場が圧倒的に多かった福岡県ですが、1996年の東筑以降は公立校が甲子園に出場できていません。やはり主要都市の都道府県と同じように、現在では圧倒的に私立高校が優勢になっています。

スポンサーリンク

 

甲子園での成績はどうだった?

続いて甲子園での成績がどうだったのか確認していきます。

年度 大会数 学校名 甲子園での成績
1915年 大正4年 1回 久留米商 1回戦敗退
1916年 大正5年 2回 中学明善 1回戦敗退
1918年 大正7年 4回 中学明善 中止
1919年 大正8年 5回 小倉中 ベスト4
1920年 大正9年 6回 豊国中 1回戦敗退
1921年 大正10年 7回 豊国中 ベスト4
1930年 昭和5年 16回 小倉工 2回戦敗退
1931年 昭和6年 17回 小倉工 ベスト4
1932年 昭和7年 18回 小倉工 1回戦敗退
1934年 昭和9年 20回 小倉工 1回戦敗退
1936年 昭和11年 22回 小倉工 1回戦敗退
1937年 昭和12年 23回 福岡工 2回戦敗退
1938年 昭和13年 24回 福岡工 2回戦敗退
1939年 昭和14年 25回 福岡工 ベスト8
1940年 昭和15年 26回 福岡工 1回戦敗退
1946年 昭和21年 28回 小倉中 2回戦敗退
1947年 昭和22年 29回 小倉中 優勝
1948年 昭和23年 30回 小倉 優勝
1949年 昭和24年 31回 小倉北 ベスト8
1950年 昭和25年 32回 小倉 2回戦敗退
1951年 昭和26年 33回 小倉 1回戦敗退
1952年 昭和27年 34回 三池 1回戦敗退
1953年 昭和28年 35回 東筑 2回戦敗退
1954年 昭和29年 36回 小倉 1回戦敗退
1955年 昭和30年 37回 小倉 2回戦敗退
1956年 昭和31年 38回 小倉 1回戦敗退
1957年 昭和32年 39回 戸畑 ベスト4
1958年 昭和33年 40回 八女 3回戦敗退
1959年 昭和34年 41回 戸畑 1回戦敗退
1960年 昭和35年 42回 戸畑 2回戦敗退
1961年 昭和36年 43回 戸畑 1回戦敗退
1962年 昭和37年 44回 久留米商 準優勝
1963年 昭和38年 45回 柳川商 1回戦敗退
1964年 昭和39年 46回 小倉工 1回戦敗退
1965年 昭和40年 47回 三池工 優勝
1966年 昭和41年 48回 小倉工 ベスト4
1967年 昭和42年 49回 小倉工 2回戦敗退
1968年 昭和43年 50回 飯塚商 2回戦敗退
1969年 昭和44年 51回 飯塚商 2回戦敗退
1970年 昭和45年 52回 九州工 1回戦敗退
1971年 昭和46年 53回 筑紫工 2回戦敗退
1972年 昭和47年 54回 東筑 1回戦敗退
1973年 昭和48年 55回 柳川商 1回戦敗退
1974年 昭和49年 56回 福岡第一 3回戦敗退
1975年 昭和50年 57回 小倉南 2回戦敗退
1976年 昭和51年 58回 柳川商 3回戦敗退
1977年 昭和52年 59回 九州産 2回戦敗退
1978年 昭和53年 60回 東筑 3回戦敗退
1979年 昭和54年 61回 八幡大付 2回戦敗退
1980年 昭和55年 62回 田川 2回戦敗退
1981年 昭和56年 63回 福岡大大濠 3回戦敗退
1982年 昭和57年 64回 八幡大付 1回戦敗退
1983年 昭和58年 65回 久留米商 ベスト4
1984年 昭和59年 66回 福岡大大濠 3回戦敗退
1985年 昭和60年 67回 久留米商 3回戦敗退
1986年 昭和61年 68回 西日本短大付 1回戦敗退
1987年 昭和62年 69回 東筑 1回戦敗退
1988年 昭和63年 70回 福岡第一 準優勝
1989年 平成元年 71回 福岡大大濠 ベスト8
1990年 平成2年 72回 西日本短大付 ベスト4
1991年 平成3年 73回 柳川 ベスト8
1992年 平成4年 74回 西日本短大付 優勝
1993年 平成5年 75回 東福岡 2回戦敗退
1994年 平成6年 76回 九州工 1回戦敗退
1995年 平成7年 77回 柳川 3回戦敗退
1996年 平成8年 78回 東筑 2回戦敗退
1997年 平成9年 79回 福岡工大付 3回戦敗退
1998年 平成10年 80回 東福岡 1回戦敗退
1999年 平成11年 81回 東福岡 2回戦敗退
2000年 平成12年 82回 柳川 ベスト8
2001年 平成13年 83回 九産大九州 2回戦敗退
2002年 平成14年 84回 柳川 2回戦敗退
2003年 平成15年 85回 筑陽学園 1回戦敗退
2004年 平成16年 86回 西日本短大付 1回戦敗退
2005年 平成17年 87回 柳川 1回戦敗退
2006年 平成18年 88回 福岡工大城東 3回戦敗退
2007年 平成19年 89回 東福岡 2回戦敗退
2008年 平成20年 90回 飯塚 1回戦敗退
2009年 平成21年 91回 九州国際大付 3回戦敗退
2010年 平成22年 92回 西日本短大付 3回戦敗退
2011年 平成23年 93回 九州国際大付 2回戦敗退
2012年 平成24年 94回 飯塚 2回戦敗退
2013年 平成25年 95回 自由ヶ丘 2回戦敗退
2014年 平成26年 96回 九州国際大付 1回戦敗退
2015年 平成27年 97回 九州国際大付 ベスト8
2016年 平成28年 98回 九州国際大付 1回戦敗退

甲子園での福岡県代表の成績をみると目を引くのは29回大会、30回大会の連続優勝です。小倉中、小倉と校名は違いますが、学校名が変更しただけで同じ高校になります。2年連続で全国大会に出場し、それも優勝したということは昔の話ではありますが素晴らしい成績でした。全国に小倉の名を広めたと言っても良いと思います。

その後は、三池工、西日本短大付が全国優勝を果たしており、福岡県は全部で4回の全国優勝をおさめています。最後に西日本短大付が優勝した1992年第74回大会大会以降は優勝はもちろんなく、2度のベスト8が最高順位となっています。

最近ではほとんど1、2回戦で敗退しており福岡の野球は成績を残せていません。福岡の野球を今一度全国に見せつけるような戦いを見せてもらいたいですよね・・・(^^)/

 

ここまで歴代優勝校について見てきましたが、2017年の優勝予想や見どころなんかについては以下でまとめていますので、合わせて確認して下さいね。

福岡大会2017の優勝予想!見どころや注目選手等のデータもチェック【夏の甲子園】

スポンサーリンク

 

福岡県の野球人口は?

福岡県の野球人口は2013年のデータで、高校野球部員数は6,970人となっています。さすが西日本九州の入り口で大都市として言われている福岡県だけあって野球人口も多いですね。

福岡大会に出場している学校数は約130校で甲子園出場の確率は0.74%(1÷約130)となっています。1%にも満たない確率となっており、甲子園出場がいかに難しいかがよく分かります。

また平均部員数も51.6人となっており、ベンチ入りは20人ですのでチーム内でも激しい競争が行われているのが見てとれます。ちなみに51.6人というのは沖縄県に次いで全国で2番目の多さです。レギュラーで甲子園に出場するのはとても大変な地域だと言えますね。

(参考)http://baseball.professional-view.com/blog/2014/08/21/post-2993/

 

まとめ

・福岡県の甲子園最多出場回数の1位は10回で小倉!!しかも甲子園で2年連続の全国優勝も果たしています!!

・1992年の西日本短大付の全国優勝以来、夏の甲子園ではベスト8が2回だけという厳しい戦いが続いています。福岡県が4度優勝している夏の甲子園で熱い野球を再度見せて欲しいところです!!

・1校辺りの平均野球部員数が沖縄県に次いで2番目となっているのが福岡県!!レギュラー、ベンチ入りをつかむのが大変な県と言えます!!

 

関連記事

福岡大会2017決勝の日程はいつ?場所やテレビ放送時間も!【夏の甲子園】

福岡大大濠の偏差値・学費や寮!野球部OBや甲子園での記録も一緒に確認

スポンサーリンク

-高校野球

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?