つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

タイトル・賞・記録

歴代の最優秀防御率ランキング!メジャー記録も一緒にチェック!【プロ野球】


今回は、相手に点を与えないピッチャーに対しての指標となる防御率について歴代の最優秀防御率について色々まとめてみました!

日本の歴代シーズン最優秀防御率、歴代通算の最優秀防御率についてランキングを交えてまとめています。

メジャーリーグの最優秀防御率についても記していますので、同時に確認してみましょう。

スポンサーリンク

 

歴代シーズン最優秀防御率ランキング!

それでは、初めに日本のプロ野球の歴代シーズン最優秀防御率のランキングのトップ5までを見てみましょう。一体どんな名投手たちがランクインしているでしょうか?

順位 投手名 所属チーム 防御率 達成年度 投球回 自責点
1 藤本 英雄 巨人 0.73 1943年 432.2 35
2 景浦 将 タイガース 0.79 1936年秋 57 5
3 沢村 栄治 巨人 0.81 1937年春 244 22
4 野口 二郎 大洋 0.88 1941年 338 33
5 林 安夫 朝日 0.887 1943年 294 29

ランキングをざっと見ますと、およそ70年以上昔の時代の選手たちがランクインしていますね。これだけではなく、ランキングの20位までを遡ってみても、一番新しい記録が10位にランクインしている村山実選手の1970年が最新となっています。

昔は打者のレベルが今よりも低く、良いピッチャーであればあるほど防御率が低くなっていました。しかし、時代と共に打者への新しい練習方法やトレーニング法が導入され、選手全体の技量が底上げされたことにより、防御率を昔より低くすることが困難になったのです。

現代の投手がこのランキングにランクインするには、投手としてとてつもなく高いレベルが要求されると言っても過言ではないでしょうね。

 

歴代通算の最優秀防御率ランキング!

順位 投手名 防御率 実働期間 投球回 自責点
1 藤本 英雄 1.9 1942~1955年 2628.1 554
2 野口 二郎 1.96 1939~1952年 3447.1 752
3 稲尾 和久 1.98 1956~1969年 3599 793
4 若林 忠志 1.99 1936~1953年 3557.1 786
5 スタルヒン 2.088 1936~1955年 4175.1 969

続いて歴代通算の最優秀ランキングですが、こちらもシーズン最優秀防御率と同様昔の時代の選手がランクインしました。1位の藤本英雄選手は歴代シーズン、歴代通算最優秀防御率の両方で1位となっています。

藤本選手は日本で初めてスライダーを習得したパイオニアと言われており、スライダーを習得した1949年は肩の怪我の影響で球威が落ちていても、リーグでただ1人防御率1点台を記録しています。完全試合も1回(史上初)、ノーヒットノーランも2回達成しており、まさに日本プロ野球が誇る名投手と呼ぶに相応しい投手です!

最近の選手になりますと、33位の杉内俊哉選手(防御率2.95)まで遡ってしまいます。しかしながら、打者の技術が向上してきた現代の野球のなかで、歴代の名投手の中に杉内選手の名が刻まれていることだけでも十分凄いことですね!

スポンサーリンク

 

メジャーの記録もチェックしよう

それでは、続いてメジャーリーグに目を向けてみましょう。日本と同様歴代シーズン最優秀防御率、歴代通算最優秀防御率をランキングにしてまとめてみました。こちらはどんな投手がランクインしているでしょうか?

歴代シーズン最優秀防御率のメジャー記録はボストン・レッドソックスなどで活躍したダッチ・レナード選手!

順位 選手名 所属球団(達成時) 防御率 達成年度
1 ダッチ・レナード ボストン・レッドソックス 0.96 1914年
2 モーデカイ・ブラウン シカゴ・カブス 1.04 1906年
3 ボブ・ギブソン セントルイス・カージナルス 1.12 1968年
4 クリスティー・マシューソン ニューヨーク・ジャイアンツ 1.14 1909年
4 ウォルター・ジョンソン ワシントン・セネタース 1.14 1913年

まずは歴代シーズン最優秀防御率ですが、日本と同様に一昔前の選手たちがランクインしていますね。メジャーのランキングには1位のダッチ・レナード選手だけが防御率0点台を記録しています。

野球の様々な記録は、メジャーリーグの方が技術の進歩、スケールの大きさなどから日本のプロ野球の記録よりも良い記録が残ることが多いですが、このシーズン最優秀防御率に関しては、日本の方が良い成績となりました。

理由としては1900年前後のメジャーには打率4割以上の成績を残した選手が十数人存在し、古くからメジャーリーグの打者の技術が、日本よりも既に高いレベルに到達していたと考えられるからです。

しかし、その打率4割を残すようなレベルの高いバッターたちが存在していた中で、ダッチ・レナード選手は防御率0点台の成績を残しています。相手に点を与えない投球ができる強力なピッチャーだったということが伺えてきますね。

 

歴代通算の最優秀防御率のメジャー記録はホワイトソックスなどで活躍したエド・ウォルシュ選手!

順位 選手名 所属チーム 実働期間 防御率
1 エド・ウォルシュ ホワイトソックスなど 1904~1917年 1.82
2 アディ・ジョス クリーブランド・ブロンコス/ナップス 1902~1911年 1.89
3 モーデカイ・ブラウン カージナルスなど 1903~1916年 2.06
4 モンテ・ウォード プロビデンス・グレイズ など 1878~1894年 2.1
5 クリスティ・マシューソン ニューヨーク・ジャイアンツなど 1900~1916年 2.13

続いて歴代の通算最優秀防御率のランキングですが、こちらは更に古く100年以上昔の選手たちがランクインしました。

1位のエド・ウォッシュ選手は、現役の間のシーズン防御率はほぼ1点台、2点台と年間通して抜群の安定感を誇っており、この実績もあり1946年に野球殿堂入りを果たしています。2位のアディ・ジョス選手も現役は9年間と短い間でしたが、シーズン全て1点台、2点台の防御率を記録しています。

現役通算の防御率ランキングにランクインするには、シーズンに大崩れすることなく、安定した成績を残し続ける必要があることがこの二人の成績を見ることで伝わりますね。メジャーリーグ通算の防御率が1点台を記録しているのはこの二人だけです。

メジャーリーグも最近はシーズン、通算の最優秀防御率のランキングにランクインする選手はなかなか現れません。

日本の大谷翔平選手のような規格外のピッチャーがメジャーにも新たに現れると、このランキングにランクインするチャンスが出てくるかもしれませんね!

 

まとめ

・日本の歴代シーズン最優秀防御率のランキングは、70年以上昔の選手たちがランクインしており、現代では打者の技術が向上し、防御率を低くするのが困難になっている。

・日本の通算最優秀防御率のランキング1位は藤本英雄選手の1.9であり、日本でスライダーを初めて投げたパイオニアと言われている。

・メジャーの歴代シーズン最優秀防御率1位はダッチ・レナード選手の0.96であり、打率4割を残すようなレベルの高い打者のいるなかで防御率0点台を記録している。

・メジャーの歴代通算最優秀防御率の1位はエド・ウォルシュ選手の1.82であり、シーズン通して大崩れすることなく、ほぼ全て防御率1点台と2点台でシーズンを終えている。

 

関連記事

歴代の最多試合登板数ランキング!ちなみにメジャー記録は?【プロ野球】

最多勝利数の歴代記録ランキング!世界記録(メジャー記録)もチェックしてみた【プロ野球】

最多セーブ数の歴代記録ランキング!メジャー記録もチェック【プロ野球】

プロ野球の歴代最多勝利数!シーズン最高記録を持つのはいつのどの球団?

【プロ野球】歴代最高球速ランキング!メジャー最速投手もチェック

スポンサーリンク

-タイトル・賞・記録

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球好きな人との出会いを探している方必見!

野球好きの異性と出会いたい方必見の社会人サークル「球コン」とは?イベント内容を分かりやすく整理

球コンの口コミ・評判や感想まとめ!メリットやデメリットは?【野球好き必見の社会人サークル】

球コンの参加資格や条件は?対象年齢や参加料金(入会金や年会費)・服装もチェック!【野球好き必見の社会人サークル】