つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

ドラフト 横浜

【横浜DeNA】ドラフト1位指名の歴代選手一覧!その後の成績や活躍もチェック

2ad4fef1515a145b06012903dcf89414_s

横浜DeNAベイスターズは1998年に日本一を成し遂げてからは少し厳しい時代が続きました。その時に活躍した選手が年齢を重ねていったり、主力選手がFAなどで抜け出して一時期はBクラスが定位置となっていました。

ですが、球団もDeNAに変わり徐々に変化を見せてくれているのが近年の横浜DeNAベイスターズです。2016年、2017年のペナントレースは3位となり、2017年は念願の日本シリーズ進出を果たしました。今回はそんな横浜DeNAベイスターズのドラフト1位の歴代選手と注目選手のその後の活躍について見ていきたいと思います。

横浜の歴史と共に、プロ野球を振り返っていきましょう。懐かしい選手に出会えるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

横浜DeNAドラフト1位の歴代選手一覧

まずは、横浜DeNAの歴代ドラフト1位の選手を確認していきましょう。

年度 選手名 ポジション 出身校 背番号 獲得タイトル等
1965年 岡正光 投手 保原高 10
1966年(第1次) 松岡功祐 内野手 サッポロビール 23
1966年(第2次) 山下律夫 投手 近畿大 12
1967年 小谷正勝 投手 国学院大 24
1968年 野村収 投手 駒沢大 16 最多勝率(1975年)、最多勝利(1978年)
1969年 荒川堯 内野手 早稲田大 3
1970年 野口善男 内野手 法政大 3
1971年 竹内広明 投手 深谷商高 36
1972年 長崎慶一 外野手 法政大 23 首位打者(1982年)、ベストナイン(1982年)
1973年 山下大輔 内野手 慶応大 20 ベストナイン(1981年)、ゴールデングラブ賞8回(1976年~1983年)
1974年 根本隆 投手 日本石油 20
1975年 田村政雄 投手 中央大 12
1976年 斉藤明雄 投手 大阪商大 17 最優秀防御率(1982年)、最優秀救援投手2回(1983年・1986年)、最多奪三振(1978年)、新人王(1977年)
1977年 門田富昭 投手 西南学院大 15
1978年 高本昇一 投手 勝山高 48
1979年 杉永政信 投手 鯖江高 28
1980年 広瀬新太郎 投手 峰山高 18
1981年 右田一彦 投手 電電九州 16
1982年 大畑徹 投手 九州産業大 21
1983年 銚子利夫 内野手 法政大 22
1984年 竹田光則 投手 明治大 27
1985年 中山裕章 投手 高知商高 19
1986年 友利結 投手 興南高 30
1987年 盛田幸妃 投手 函館有斗高 15 最優秀防御率(1992年)
1988年 谷繁元信 捕手 江の川高 1 ベストナイン(1998年)、ゴールデングラブ賞6回(1998年・2006年・2007年・2009年・2011年・2012年)
1989年 佐々木主浩 投手 東北福祉大 22 最優秀救援投手5回(1992年・1995年~1998年)、最優秀選手(1998年)、最優秀投手(1998年)、正力賞(1998年)、ベストナイン(1998年)
1990年 水尾嘉孝 投手 福井工大 34
1991年 斎藤隆 投手 東北福祉大 11 最多奪三振(1996年)
1992年 小桧山雅仁 投手 日本石油 19
1993年 河原隆一 投手 関東学院大 15
1994年 紀田彰一 内野手 横浜高 28
1995年 細見和史 投手 同志社大 24
1996年 川村丈夫 投手 日本石油 16
1997年 谷口邦幸 投手 町野高 46
1998年 古木克明 内野手 豊田大谷高 3
1999年 田中一徳 外野手 PL学園高 9
2000年 内川聖一 内野手 大分工高 25 首位打者2回(2008年・2011年)、最高出塁率(2008年)、最多安打2回(2008年・2012年)、最優秀選手(2011年)、ベストナイン5回(2008年・2009年・2011年~2013年)
2001年 秦裕二 投手 智弁学園高 28
2002年 村田修一(自由獲得枠) 内野手 日本大 25 本塁打王2回(2007年・2008年)、ベストナイン4回(2008年・2012年・2013年・2016年)、ゴールデングラブ賞3回(2013年・2014年・2016年)
2002年 土居龍太郎(自由獲得枠) 投手 法政大 27
2003年 森大輔(自由獲得枠) 投手 三菱ふそう川崎 15
2003年 吉川輝昭(自由獲得枠) 投手 日本文理大 12
2004年 那須野巧(自由獲得枠) 投手 日本大 13
2004年 染田賢作(自由獲得枠) 投手 同志社大 19
2005年 山口俊(高校生ドラフト) 投手 柳ヶ浦高 11
2005年 高宮和也(大学・社会人ドラフト) 投手 ホンダ鈴鹿 15
2006年 北篤(高校生ドラフト) 投手 小松工高 43
2006年 高崎健太郎(大学・社会人ドラフト) 投手 日産自動車 22
2007年 田中健二朗(高校生ドラフト) 投手 常葉学園菊川高 46
2007年 小林太志(大学・社会人ドラフト) 投手 JR東日本 14
2008年 松本啓二朗 外野手 早稲田大 6
2009年 筒香嘉智 内野手 横浜高 55 本塁打王(2016年)、打点王(2016年)、ベストナイン(2015年・2016年)
2010年 須田幸太 投手 JFE東日本 20
2011年 北方悠誠 投手 唐津商高 28
2012年 白崎浩之 内野手 駒沢大 29
2013年 柿田裕太 投手 日本生命 13
2014年 山崎康晃 投手 亜細亜大 19 新人王(2015年)
2015年 今永昇太 投手 駒沢大 21
2016年 浜口遥大 投手 神奈川大 26

横浜ベイスターズ時代の1998に日本一の座を掴みました。その時に最も目立っていたのが大魔神こと佐々木主浩さんでした。

佐々木主浩さんは東北福祉大からドラフト1位で1989年に入団しています。その前年1988年のドラフト1位は横浜の正捕手になる谷繁元信さんですし、1987年も高卒で盛田幸妃選手が入団しています。

盛田投手のシュートボールは素晴らしく今でも語り継がれています。この近辺のドラフト1位は大成功といっていいでしょうね。

また近年も投手陣で素晴らしいスカウティングを実現しており、2014年は山崎康晃投手、2015年は今永昇太投手、2016年は浜口遥大投手とそれぞれ持ち味を生かしチームに多きく貢献しています。

この様にみてみますと、続けていい選手を獲得出来ている印象を受けますね。この地道な積み重ねが2017年の日本シリーズ進出に繋がったといってもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

注目選手のその後について

ここでは注目選手のその後について記載します。

筒香嘉智選手

日本の若き主砲で現時点では日本の中でも最高の打者と言っても良いと思います。

2016年はその実力を発揮し、本塁打王、打点王の2冠を獲得しました。左打者でありながら左にも強い打球を打てるところも魅力的なところです。近い将来、三冠王も獲得できる実力は充分に備えているので、本当に今後の活躍が楽しみな選手です。

筒香嘉智の年俸や成績!身長・体重や出身校などプロフィールは?

 

山崎康晃選手

横浜の守護神と言えば今までは1998年に日本一になった佐々木主浩さんのイメージが強く残っている人も多いと思います。ですが、今ではそれを超える人気を誇るのが山崎康晃投手です。山崎康晃投手は入団1年目に抑えで活躍し新人王も獲得しました。

その後もチームの抑え、セットアッパーとして横浜には欠かせない投手の一人になっています。

また横浜スタジアムでの登場曲も盛り上がりを見せ、ヤスアキジャンプをして山崎投手を球場全体で応援するのも愛されている選手の証拠と言えます。

 

村田修一選手

村田選手は松坂世代の選手の一人で長距離砲の打者として横浜でも主軸を任されていました。横浜時代にも2度の本塁打王に輝いています。ですが、勝てるチームに行きたいと2012年から巨人に移籍しました。横浜時代からも「男村田」の愛称でその男気の強い性格でファンも多い選手でした。

2017年オフに巨人を自由契約となり今後の去就も注目されていますが、まだまだやれる選手なので松坂世代の一人として長くプロ野球を続けてもらいたいですね。

 

古木克明選手

古木克明選手も松坂世代の一人です。高卒で横浜に松坂大輔選手の外れ1位にドラフト1位で入団しました。入団時の背番号も3で野手の主軸として将来を期待されていましたし、2003年には125試合にも出場し本塁打も22本と素晴らしい成績を残しました。

ですが、その後は右肘のケガなどにもより思うよな活躍ができず、2009年にトライアウトを受けましたが引退しました。

2009年12月には一時期格闘技の道に転身されましたが、その後は野球の独立リーグへの道にも進んでいます。今現在は事業構想修士を取得して様々な方々に貢献する仕事をしているようです。

トライアウトの合格できる確率は?歴代成功率の低さから考える厳しい現状について【プロ野球】

 

田中一徳選手

田中一徳選手は1998年の夏の甲子園で、横浜高校とPL学園が演じた準々決勝の時のPL学園の2年生の選手でした。体は小柄でしたが俊足と好打を持ち合わせており、いやらしい選手として注目されていました。

プロ入り後もその俊足と好打を期待されていましたが、プロでは思うような活躍ができずにわずか7年間の2006年で戦力外通告を受けることになりました。その後はアメリカ独立リーグでプレーし日本プロ野球の道も諦めていませんでしたが、その後のトライアウトを受けるも声はかからず野球の道の引退を決めました。

今現在は日本経済大学のコーチとしてアマチュア野球を支えている一人になっています。

戦力外通告を受けた野球選手のその後は?クビ・解雇の後はどんな職業につく?

 

まとめ

・1998年の日本一の主軸メンバーがドラフト1位で活躍していました。抑えの佐々木主浩投手。捕手の谷繁元信選手が成長し日本一を獲得しました。

・2009年のドラフト1位はいまや「日本の主砲」筒香嘉智選手です。2016年は本塁打王、打点王の2冠を獲得しました。今の日本球界の中で最も三冠王に近い選手と言っても良いと思います。

・2014年から2016年は投手で素晴らしいドラフト1位の投手を獲得しています。今まで横浜は投手王国というイメージはあまりなかったですが、投手王国と呼ばれる時代も近いかも知れません。

 

関連記事

【横浜DeNA】選手や監督・コーチの背番号一覧!歴代永久欠番も調査

【横浜DeNA】歴代監督を成績と一緒に徹底紹介!優勝回数最多は三原脩監督、権藤博監督!

ラミレス監督の成績や年俸!采配評価や奥さんの情報もまとめた

【横浜】宮﨑敏郎が首位打者へ!打率が飛躍した理由や成績推移から年俸も予想した

スポンサーリンク

-ドラフト, 横浜

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?