つれづれベースボール。

野球にまつわる話題を楽しく気ままにお届けします

タイトル・賞・記録

【プロ野球】200勝と2000本安打の難易度はどっちが高い?達成不可能とも言われるその難しさとは?

30a315683db6ac585588965bbf935167_s
今回はプロ野球における「200勝」と「2000本安打」の難易度について、どっちの方が難しいのかを考えてみると共に、改めてその難しさについてまとめてみました。

それぞれの歴代達成者もご紹介しますので、一緒に偉大な記録について考えていきましょう。

スポンサーリンク

 

200勝達成の難易度を歴代達成者から考える

それでは、まず達成できれば投手として名球会入りができる200勝について見ていきましょう。200勝の歴代達成者は以下の選手たちです。

名球会については以下も合わせて確認してみてくださいね。

名球会の条件や資格は?会員メンバーも確認しよう【プロ野球】

 

選手名 所属チーム 勝利数 実働期間
金田正一 巨人 400 (1950-1969)
米田哲也 近鉄 350 (1956-1977)
小山正明 大洋 320 (1953-1973)
鈴木啓示 近鉄 317 (1966-1985)
別所毅彦 巨人 310 (1942-1960)
スタルヒン トンボ 303 (1936-1955)
山田久志 阪急 284 (1969-1988)
稲尾和久 西鉄 276 (1956-1969)
梶本隆夫 阪急 254 (1954-1973)
東尾修 西武 251 (1969-1988)
野口二郎 阪急 237 (1939-1952)
若林忠志 毎日 237 (1936-1953)
工藤公康 西武 224 (1982-2010)
村山実 阪神 222 (1959-1972)
皆川睦雄 南海 221 (1954-1971)
山本昌 中日 219 (1986-2015)
杉下茂 大毎 215 (1949-1961)
村田兆治 ロッテ 215 (1968-1990)
北別府学 広島 213 (1976-1994)
中尾碩志 巨人 209 (1939-1957)
江夏豊 西武 206 (1967-1984)
堀内恒夫 巨人 203 (1966-1983)
平松政次 大洋 201 (1967-1984)
藤本英雄 巨人 200 (1942-1955)

合計で24名の選手が通算200勝を達成しています。この表を見る限り、ほとんどの選手が一昔前の時代に活躍した選手たちとなっていますね。

実は昔のプロ野球では、いわゆる「精神論」がまかり通っていた背景があり、そのチームの【大黒柱】や【エース】と呼ばれていた投手たちは「休みたい」という言葉は決して口にできない状況にありました。

そのため指示があれば、先発で投げた次の日にはリリーフ登板することもあり、そこから連投、ということも少なくはありませんでした。これにより、昔の投手たちは先発登板での勝利数+リリーフ登板での勝利数が重なり200勝の大台を達成した選手が数多く存在するのです。

ところが現代のプロ野球では、先発投手、救援投手がきちんと確立されており、勝利数を積み上げることは以前よりも難しくなっています。今の時代で200勝を積み上げるには、工藤公康選手や、山本昌選手のように、20年以上のキャリアで長い間コンスタントに勝ち星を積み上げれるような選手でなければ、達成は難しいと言えるでしょう。

ちなみに、200勝達成者については更に詳しく以下でまとめていますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

200勝の歴代達成者まとめ!最速と最年少は誰でいつ?【プロ野球】

スポンサーリンク

 

2000本安打達成の難易度を歴代達成者から考える

それでは続いて、投手の大台の記録が200勝ならば、野手の記録の大台とも言える2000本安打について達成者を見てみましょう。

こちらも先程の200勝と同様に達成することは、名球会加入の条件の一つとなっています。

名球会と殿堂入りの違いは?両者の意味を確認しよう【プロ野球】

 

選手名 所属チーム 達成時年齢 試合数 記録達成日
川上 哲治 巨人 36歳2ヶ月 1646 1956.5.31
山内 一弘 阪神 35歳5ヶ月 1922 1967.10.14
榎本 喜八 東京 31歳7ヶ月 1830 1968.7.21
野村 克也 南海 35歳3ヶ月 1983 1970.10.18
長嶋 茂雄 巨人 35歳3ヶ月 1708 1971.5.25
広瀬 叔功 南海 35歳10ヶ月 1896 1972.7.1
張本 勲 巨人 32歳2ヶ月 1733 1972.8.19
王 貞治 巨人 34歳2ヶ月 2019 1974.8.4
江藤 慎一 太平洋 37歳10ヶ月 2006 1975.9.6
土井 正博 クラウン 33歳6ヶ月 1956 1977.7.5
高木 守道 中日 36歳8ヶ月 1998 1978.4.5
松原 誠 大洋 36歳3ヶ月 2055 1980.4.23
柴田 勲 巨人 36歳5ヶ月 2143 1980.8.7
大杉 勝男 ヤクルト 36歳4ヶ月 1997 1981.7.21
藤田 平 阪神 35歳6ヶ月 1875 1985.5.3
衣笠 祥雄 広島 36歳6ヶ月 2106 1983.8.9
福本 豊 阪急 35歳9ヶ月 1790 1983.9.1
山崎 裕之 西武 36歳8ヶ月 2140 1983.9.18
山本 浩二 広島 37歳6ヶ月 1944 1984.5.5
有藤 道世 ロッテ 38歳6ヶ月 1944 1985.7.11
若松 勉 ヤクルト 38歳5ヶ月 1757 1985.10.9
矢澤 健一 中日 38歳1ヶ月 1835 1985.10.23
加藤 英司 南海 38歳11ヶ月 1939 1987.5.7
門田 博光 南海 39歳6ヶ月 1989 1987.8.26
大島 康徳 日本ハム 39歳10ヶ月 2290 1990.8.21
新井 宏昌 近鉄 40歳2ヶ月 2027 1992.7.8
落合 博満 巨人 41歳4ヶ月 1849 1994.4.15
秋山 幸二 ダイエー 38歳4ヶ月 2000 2000.8.18
駒田 徳広 横浜 37歳11ヶ月 2055 2000.9.6
立浪 和義 中日 33歳10ヶ月 1874 2003.7.5
清原 和博 巨人 36歳9ヶ月 2141 2004.6.4
古田 敦也 ヤクルト 39歳8ヶ月 1884 2005.4.24
野村 謙二郎 広島 38歳9ヶ月 1880 2005.6.23
石井 琢朗 横浜 35歳8ヶ月 1839 2006.5.11
田中 幸雄 日本ハム 39歳5ヶ月 2205 2007.5.17
前田 智徳 広島 36歳2ヶ月 1895 2007.9.1
金本 知憲 阪神 40歳0ヶ月 1911 2008.4.12
小笠原 道大 巨人 37歳6ヶ月 1736 2011.5.5
稲葉 篤紀 日本ハム 39歳8ヶ月 1976 2012.4.28
宮本 慎也 ヤクルト 41歳5ヶ月 1976 2012.5.4
小久保 裕紀 ソフトバンク 40歳8ヶ月 1997 2012.6.24
ラミレス DeNA 38歳6ヶ月 1695 2013.4.6
中村 紀洋 DeNA 39歳9ヶ月 2162 2013.5.5
谷繁 元信 中日 42歳4ヶ月 2803 2013.5.6
和田 一浩 中日 42歳11ヶ月 1903 2015.6.11
松井 稼頭央 楽天 38歳9ヶ月 1742 2015.7.28
新井 貴浩 広島 39歳2ヶ月 2112 2016.4.26
荒木 雅博 中日 39歳8ヶ月 2126 2017.6.3
阿部慎之助 巨人 38歳4ヶ月 2056 2017.8.13
鳥谷 敬 阪神 36歳2ヶ月 1956 2017.9.8

こちらは、200勝達成者よりも更に多い50名もの選手が2000本安打を達成しています。

2000本安打の方は、一昔前の選手だけではなく、今でも達成者が続々と現れており、最近では阪神の鳥谷敬選手が、甲子園で2000本安打を達成しました。

鳥谷敬の年俸や成績は?鉄人を支えた嫁・子供など家族情報にも迫る!

 

2000本安打も、選手がチームに入団して若い年齢から試合に出続け、ヒットを積み重ね続けなければならないので、プロ野球の野手の中でもひと握りの選手たちだけが達成できる記録です。

1シーズン約140試合、ほぼずっと一軍に帯同しながら、チームの戦力として活躍し続けなければならないので、フルシーズン試合に出る体力、ケガが少ない丈夫な体が必要になってきます。

そういった意味では、い間試合に出続けるバッティング技術に加え、ケガの少ない体や体力の維持が達成するための重要なポイントとなってくるでしょう。

野球選手の平均寿命は9年程度とも言われていますから、長い間現役で1軍の試合に出続けるのは本当に難しいことだと思います。真の一流プレーヤーでないと達成できない偉大な記録といっていいでしょうね。

野球選手の平均寿命について。引退後の職業はどんな道がある?

 

ですので今、比較的若い年齢で好不調なく活躍している選手が存在すれば、将来的に2000本安打を達成してくれるのではないかという可能性が出てきます。巨人の坂本勇人選手や、西武の秋山翔吾選手などがその候補に挙げられるのではないかと予想しています!

 

2000本安打達成者についても200勝と同様に、以下で詳しくまとめていますので是非合わせてチェックしてみてください。

2000本安打の歴代達成者まとめ!最速と最年少は誰でいつ?【プロ野球】

スポンサーリンク

 

200勝と2000本安打はどっちが難しい?

これまで200勝と2000本安打のことについて記してきましたが、ここで達成するのはどちらが難しいかを比べてみましょう。

達成した人数(200勝24人、2000本安打50人)、達成した時代背景を考えますと、やはり現代では投手の大台である200勝の方が難しいと言えそうですね。

投手は上記にも記しましたが、20年以上の長いキャリアで少しづつ勝ち星を積み重ねるか、日本を代表するエース級の投手(メジャーリーグの田中将大選手、ダルビッシュ有選手など1シーズンに15勝近くを見込めるような選手)が10数年活躍しないと今の時代なかなか達成できない記録ですので、これから達成する選手の頻度は、昔より少なくなっていく記録であると言えるでしょう。

これは一つの野球における投手起用の戦術の変化によるものとも言えますね。200勝については現代では「達成不可能に近い」とも言われたりします。

一方で、2000本安打は、200勝の約2倍の達成者が存在し、これから達成するかもしれない選手がプロ野球の各チームに何人か候補がいること(2017年9月29日時点でソフトバンク内川聖一選手が1970本、巨人の村田修一選手が1862本)や、途中からメジャーに移籍した選手が、日米通算で2000本安打を放っている選手もイチロー選手を始め7名いることから、200勝に比べてみれば、こちらの方は達成しやすい記録だと考えられます。

こちらは今も昔も一流の選手であれば、試合に出続けることが可能ですから時代の変化というものを比較的受けにくいと言えるでしょう。

よって、200勝と2000本安打のどちらが達成難易度が高いかといえば、繰り返しになりますが、200勝の方が現代の野球では難しいと言えそうです。

しかし、どちらも達成した瞬間はチームのファン関係なく、野球ファンからたくさんの祝福を受ける素晴らしい記録ですので、これからもそういった瞬間がたくさん見れるよう記録が達成できるような楽しみな選手が各チームから出てくると良いですね!

 

まとめ

・200勝を達成した選手は24名おり、先発での勝利数+リリーフでの勝利数で200勝を達成した選手が数多く存在する。

・2000本安打を達成した選手は50名おり、若手の頃から地道にヒットを重ね続けて生まれる記録であり、実力だけではなく、1シーズンほぼ試合で出続ける体力が必要になってくる。

・200勝と2000本安打では達成者数、達成してきた選手の時代背景を比較すると200勝の方が難易度が高く、昔に比べると達成する選手が少なくなりつつある記録である。

 

関連記事

【投手の偉大な記録をもっと知りたい!】

最多勝利数の歴代記録ランキング!世界記録(メジャー記録)もチェックしてみた【プロ野球】

歴代最多奪三振数ランキング!世界記録も調査した【プロ野球】

最多セーブ数の歴代記録ランキング!メジャー記録もチェック【プロ野球】

完全試合とノーヒットノーランの歴代達成者は?両者の意味や違いもチェック!【プロ野球】

 

【野手の偉大な記録をもっと知りたい!】

歴代ホームラン記録ランキング!最多本塁打や世界記録も確認【プロ野球】

歴代最多安打数ランキング!世界記録もチェックしよう【プロ野球】

最高打率の歴代ランキング!4割超えの首位打者は今後現れるか?

三冠王の歴代達成者を一覧にまとめた!ちなみにメジャーは?【プロ野球】

スポンサーリンク

-タイトル・賞・記録

こんな記事も読まれています

■プロ野球中継の視聴方法を確認したい!

クライマックスシリーズの放送をネット中継で!スマホで視聴するには?

プロ野球中継の視聴方法を徹底比較!球団別おすすめサービスはこれだ☆

【スポナビライブ】プロ野球で視聴可能な球団は?巨人広島の対応方法もご紹介

■野球関係のお仕事がしてみたい!

球団職員になるには?仕事内容や向いている人の経歴や特徴も確認【体育会系の方必見!】

球団職員の年収や給料・待遇は?就職・転職を考えるならここから始めよう【体育会系の方必見!】

野球関係のお仕事や就職先まとめ!バイト求人も調べた

■野球の練習方法や教え方を知りたい!

少年野球のピッチング練習方法や理論まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

少年野球のバッティング練習方法まとめ【教え方に悩む監督・コーチも必見!】

【少年野球】低学年の練習メニューまとめ!楽しいと思ってもらう方法は?